内田晴之作品:交差する形

交差する形   1997(平成9)年  Uchida Haruyuki
内田晴之(うちだ はるゆき)   (1952ー  )
彫刻家、静岡県生まれ。1976(昭和51)年京都精華短期大学造形科専攻科卒業。
1981(昭和56)年第2回へンリー・ムア大賞展で優秀賞。1995(平成7)年大阪トリエンナーレ・彫刻で堺市賞。
  八丁堀交差点から北へわずかな距離なのに、この彫刻が設置されている事は特に意識した事はなくいままでわたしは通っていました。野外彫刻の頁を編集しだしてそれとなく気にかけていたときの、この作品の赤い色に目がとまり近づいてみると作者、作品名が刻まれたプレートが取り付けられていました。
06.12.09裕・記編集

’06.11.10.撮影
広島市中区鉄砲町7-18  (富国生命ビル前)

’06.11.10.撮影

’06.11.10.撮影

’06.11.10.撮影



野外彫刻など」編 広島ぶらり散歩へ


inserted by FC2 system