井上武吉作品:ヒロシマ マイ・スカイ・ホール88-5

 南区比治山公園の広島現代美術館横広場に展示されている井上武吉作「ヒロシマ マイ・スカイ・ホール88-5」です。
ヒロシマ  マイ・スカイ・ホール 88-5   1988
コールテン鋼  72.0×350.0×72.5cm  15.0×144.5×25.0cm
井上武吉 (いのうえ ぶきち:1930ー1977)
彫刻家。奈良県出身。武蔵野美術大卒。
鉄や石を素材とした環境彫刻で知られる。1979(昭和54)年「溢れるNo8」で第1回ヘンリー・ムーア大賞展優秀賞。1981(昭和56)年から「my sky hole」シリーズを連作。彫刻の森美術館や池田20世紀美術館の設計も手がけた。1991(平成3)年中原悌二郎賞。1992(平成4)年吉田五十八賞。
2006年比治山公園には、井上作品の階段モニュメントがあることを2004年の交流ウォークの時知ったのですが、現代美術館横にも作品があることを知り撮影しました。
ホール(Hole)といえば日本語でいえば穴・孔とありますがどちらなのかなと思ったりしました。
08.11.20更新    06.12.25裕・記編集

06.11.07.撮影
広島市南区比治山公園1-1 広島現代美術館横

06.11.07.撮影

06.11.07.撮影

08.11.15.撮影

08.11.15.撮影



「野外彫刻など」編



広島ぶらり散歩へ
    井上武吉作品
階段モニュメント
my sky hole’85
マイ・スカイ・ホール88-5



inserted by FC2 system