NTT中国総支社跡地・記念碑

  広島市中区基町のパセーラの広場に建立されているモニュメント“天空の翼”ですが、このモニュメントは、「NTT中国総支社跡地・記念碑」にもなっています。
※この頁では、「NTT中国総支社跡地・(再開発)記念碑」に焦点を当てて編集しています。
※台座部分に“マイクロウェーブ進行波装置の一部”と“A型交換機スイッチ装置の一部”が記念展示されています。
〔1985(昭和60)年4月1日NTT法による旧電電公社民営化で、日本電信電話株式会社発足。〕
1989(平成元)年まで、日本電信電話 (NTT) 中国支社があった敷地でした。
1994(平成6)年4月22日に開業した、NTT主体の再開発物件のでした。
 ショッピングモールの『パセーラ』が入居する商業棟
 リーガロイヤルホテル広島が入居する宿泊棟で構成されています。
跡地再開発事業:基町クレド
敷地面積:27,400u。 延床面積:165,766.77u
階数:(商業棟)地上11階地下1階
    (宿泊棟)地上35階地下2階、高さ 150.0m
着工:1991(平成3)年3月〜竣工:1994(平成6)年4月
“そごう新館”が2023(令和5)年8月末で閉店することを知り、2024年になりましたが、閉店後を撮影している時、ここで取り上げたパセーラ「天空の翼」モニュメントが、「NTT中国総支社跡地・記念碑」ということでその記念展示物が台座に設置されていることにはじめて気が付いたのです。
「b野外彫刻など」編に編集している「天空の翼」とは別にこの「NTT中国総支社跡地・記念碑」の頁を編集することにしました。
24.02.14.裕・記編集

23.04.13.撮影
広島市中区基町6-78  パセーラ広場の「天空の翼」

24.01.25.撮影

23.04.13.撮影
(≒北側展示物) (≒南側展示物)

24.01.25.撮影

23.04.13.撮影
北側展示物:マイクロウェーブ進行波装置の一部 南側展示物:A型交換機スイッチ装置の一部
北側展示物:マイクロウェーブ進行波装置の一部
-説明板-
この展示物は、マイクロウェーブの進行波管を使用した装置の一部です。
かってこの地にNTT中国総支社が置かれていたことを記念して展示しています。
2023年8月末閉店したそごう新館を2024年1月になりましたが見てみようとやって来た時に、(わたしは、はじめて気付き)これは何かと思い近づいて見たのです。
説明板は付いていて、ここがもともとNTT中国総支社が置かれていた地であった記念の展示物だったのです。
最初に北側に気が付いたので、ぐるっと回ると、南側にも別の装置の一部(下段)が記念展示されていました。

24.01.25.撮影
南側展示物:A型交換機スイッチ装置の一部
-説明板-
この展示物は、A型交換機のスイッチを使用した装置の一部です。
かってこの地にNTT中国総支社が置かれていたことを記念して展示しています。
南側の天空の翼、その台座部分の画像は、2023年に撮影した画像にも写っていましたので使用しました。
わたしが如何に漫然とこのモニュメントを見ていたかがわかるものとして。

24.01.25.撮影



「その他」編
土地区画・開発関連記念碑など



広島ぶらり散歩へ
パセーラ「天空の翼」
 NTT中国総支社跡地・記念碑


inserted by FC2 system