寺池厚志作品:WING

  並木通りに設置されているオブジェを撮影して、市民交流プラザに行こうとしたとき(この辺りは来たことがほとんどないところでしたが)見かけた野外彫刻で、ビルの玄関入口前に対になった作品でした。作品名はWINGと読め、作品裏側に1992(平成4)年3月、A.TERAIKEと読めました。
寺池厚志(てらいけ あつし) (1948−   )
彫刻家。京都生まれ。1973(昭和48)年金沢美術工芸大学彫刻科卒。
「京都彫刻新人展」に出品。1977(昭和52)年「京展」出品(6回受賞)。1984(昭和59)年 「京都彫刻展」出品、受賞。臨済宗大本山国泰寺(高岡市)、即成寺(京都市)、中町センタービル(広島市)などに作品を設置。 「時間に追われ、便利という言葉に埋没し、不便の自由さ、選択の多さに気づけず、自分の大切な世界に触れることが出来にくい現代の世の中で、豊かな気持ちになれるカタチを創作したい」そうで作品にはその心が表現されていると。
07.02.23裕・記編集

06.11.15.撮影
広島市中区中町3-11 中町センタービル

06.11.15.撮影

06.11.15.撮影

06.11.15.撮影



野外彫刻など」編 広島ぶらり散歩へ


inserted by FC2 system