ニシダツトム作品:命のたからを見つめて

「反戦平和・核廃絶・憲法九条を守る」平和展 -命のたからを見つめて-  ニシダツトム個展
シリーズ地平の彼方より 「失われしもの」-命のたから-
子を失う母の涙はもう見たくない
愛しき者の悲しむ姿はもう見たくない
争いのない平和な世界の実現に向けて
正しい戦争なんて本当にあるのですか
戦争は人と環境を殺す
暴力は更なる悲しみと憎しみと貧困を産み
暴力は更なる暴力を産む
だから
私は愛する者を守るため
武器を持たないことを選択する
  新聞の報道で『富山市池多の造形作家、ニシダツトムさん(53)が広島、長崎の原爆投下の日にあわせ、「反戦平和・核廃絶・憲法九条を守る」平和展と題した作品展を開く。今回8月4・5日の原爆ドーム根際の広場などでの作品展は原水協の協力が得られ、ようやく実現した。』という事を知りました。
07.09.09裕・記編集

07.08.04.撮影
説明板 広島市中区大手町 原爆ドーム東側広場(原民喜詩碑の根際)

07.08.04.撮影

07.08.04.撮影



野外彫刻など」編 広島ぶらり散歩へ


inserted by FC2 system