(みみょう幼稚園の)ポッポとクック

  南区殿原南の段原みみょう保育園に設置されている「ポッポとクック」です。
※“ポッポとクック”のデザインは、松下進(1950-   )だそうです。
平成6(1994)年に広島で開催されたアジア大会のマスコットキャラクター「ポッポとクック」を取り付けたモニュメントです。
平成6(1994)10月2日(日)-16日(日)第12回アジア競技大会広島1994。
首都以外の都市で開催された初のアジア競技大会、参加国・地域は42の国と地域、参加選手・役員数は6,828人でした。
平和の鳩をイメージして考えられたと聞く、ポッポとクックのモニュメントです。
廣島ぶらり散歩「野外彫刻など」編にと中央通りの「ポッポとクック」の像を2007年に編集したのです。それからだったのですが比治山スカイウォークで比治山に上った時にこの段原みみょう保育園(みみょう幼稚園)のポッポとクックの像をみてここにもあったのかと思っていたのです。アジア大会が終わって大会組織員会から贈られたものを園児の為に展示してあるだなと思ったのです。その後撮影していたのですが、今(2009年)になりましたが編集しました。
2023年段原南第二公園を撮影しようと比治山トンネルを抜けたところで、幼稚園にアジア大会の時のマスコット“ポッポとクック”があったなと思って見たのです。
30年近く前になる広島アジア大会マスコット像がいまも大切にされているようでした。
24.01.11.更新   09.03.05裕・記編集

08.03.15.撮影
広島市南区殿原南1-5-3  段原みみょう保育園

08.03.15.撮影

08.03.15.撮影
(画像左:雌)クックと(画像右:雄)ポッポ
 

23.03.13.撮影
(2023年のいまも展示されていました)



野外彫刻など」編



広島ぶらり散歩へ
(中央通りの)ポッポとクック
(みみょう幼稚園の)ポッポとクック


inserted by FC2 system