琴きき橋跡・碑

  京都市右京区嵯峨天龍寺造路町に建立されている「琴きき橋跡・碑」です。
※また、「桂川距離標」も取り上げました。
正面:: 琴きゝ橋跡
側面: 一筋に雲ゐを恋ふる琴の音に ひかれて来にけん望月の駒
側面: 一九八〇年二月二十三日 国際ロータリー創立七十五周年 1980年=昭和55年
裏面: 京都西・西南・西北ロータリークラブ建立
*形状は、高さ:138cm×幅:24cm×24cm
琴の名手として知られた小督(こごう:生没年未詳)は、高倉天皇(1161-1181:第80代在位:1168-1180)の寵愛を受けたが、中宮の父平清盛(1118-1181)の逆鱗に触、内裏を出て嵯峨野に隠れ住んだ。天皇から捜索の命を受けた源仲国(生没年未詳)は、彼女の琴の音を頼りに居所を尋ね当てたという。この石標は小督の弾く「想夫恋」を仲国が聞いたと伝える橋跡を示すものだそうです。
渡月橋を撮影しようとした時にみた「琴きき橋跡」石碑でした。その根際に「桂川距離標」石碑も建っていました。
琴きき橋がいかなるものかわからぬまま撮影したままになっていました。今回編集しようとNET検索すると、「琴きき橋跡」について京都市の広報資料に*上記のような話がありましたので参考にしました。
また、「小督局墳」が渡月橋北詰西側にあることもその資料で知りましたが、今になって知ったことで、(わたしは)撮影もしていませんので、これから行こうとされる方は見逃さずに、この「琴きき橋跡」とともに御覧になったらと思いました。
12.01.03裕・記編集

09.01.08撮影
京都市右京区嵯峨天龍寺造路町より渡月橋ををみました

09.01.08撮影
琴きゝ橋跡・碑は、渡月橋北詰根際に桂川距離標と並んで建っています

09.01.08撮影
桂川距離標
正面: 桂川距離標 18.0km
側面: 桂川
側面: かつらかわ
裏面 三川合流点から18.0km *桂川・宇治川・木津川
桂川(かつらがわ)は京都市西部を流れる淀川水系の一級水系。延長:107 km
通称は、京都市右京区京北の流域にかけては上桂川(かみかつらがわ)。南丹市園部町に入ると桂川。南丹市八木町から亀岡市にかけては大堰川(おおいがわ)。亀岡市保津町請田から京都市嵐山までは保津川(ほづがわ)などと名を変え、嵐山から合流地点は再び桂川と称されます。これらは通称で、1896(明治29)年4月旧河川法が公布、6月の施行以降、行政上の表記は桂川に統一されています。

09.01.08撮影



「京都ぶらり散歩」編



(広島ぶらり散歩へ)
渡月橋
琴きゝ橋跡・碑
(照明用)嵐山保勝会水力発電所


inserted by FC2 system