(G7広島サミット)各国首脳のメッセージ

  中区中島町の平和記念資料館東館地下一階ロビーに展示されている「(G7広島サミット時の)各国首脳のメッセージ」を取り上げました。
※2023年5月19日平和記念資料館を訪れた各国首脳(7ヶ国首脳+EU2首脳)が一同に会して"芳名録”を残しています。
*2023年11月10日現在は平和記念資料館東館地下一階ロビーに展示されていますが、今後の展示方法は決まっていないようです(ので)展示が無くなっていたら、資料館関係者にお聞きになるとわかると思います。
〔以前、国際会議場に展示されていると報道で見聞きしていたので、行き、なかったので、国際会議場案内で尋ねて東館地階に展示されていると教わりましたので。〕
広島平和記念資料館を訪問し、メッセージを記すG7首脳
2023(令和5)年5月19日
写真右から「ウァズラ・フォン・ライエン欧州委員会委員長(EU)」「リシ・スナク首相(英)」「オラフ・ショルツ首相(独)」「ジョセフ・R・バイデン大統領(米)」「岸田文雄総理大臣(日)」「エマニュエル・マクロン大統領(仏)」「ジャスティン・トルドー首相(加)」「ジョルジャ・メローニ首相(伊)」「シャルル・ミシェル欧州理事会議長(EU)」
G7広島サミットで各国首脳が残したメッセージ(芳名録)が国際会議場に展示されていると報道で知ったので、各国首脳がわずかな時間でも通称・原爆資料館を見学して如何なる言葉を残したかを知りたいと思っていたのですが。
2023年5月19日にメッセージを残してから半年も経った11月10日平和記念公園定点撮影で訪れた機会に撮影しようと考え他のです。
国際会議場に行き1階ロビーを見渡しましたが展示されていないので、案内所で尋ねたのです。
平和記念資料館東館地階に展示されていますと教わり。早速行って撮影したのです。そこでこの頁を編集しました。
 23.11.12.裕・記編集

23.11.10.展示写真を撮影
広島市中島町1  平和記念資料館東館地下1階ロビー
ウァズラ・フォン・ライエン欧州委員会委員長(欧州連合第13代欧州委員会委員長在任:2019-  )

23.11.10.撮影
ウァズラ・フォン・ライエン(1958-  )
ドイツ連邦共和国第17代国防相(在任:2013-2019)
医師。
〔仮訳〕
広島で起きたことは、今なお人類を苦しめています。これは戦争がもたらす重い代償と、平和を守り堅持するというわれわれの終わりなき義務をはっきりと思い起こさせるものです。
What happened in Hiroshima is still today haunting humanity. It is a stark reminder of the terrible cost of war - and our everlasting duty to protect and preserve peace.
リシ・スナク首相( グレートブリテン及び北アイルランド連合王国第97代首相在任:2022-  )

23.11.10.撮影
〔仮訳〕
シェイクスピアは、「悲しみを言葉に出せ」と説いている。しかし、原爆の閃光に照らされ、言葉は通じない。広島と長崎の人々の恐怖と苦しみは、どんな言葉を用いても言い表すことができない。しかし、私たちが、心と魂を込めて言えることは、繰り返さないということだ。

スナク(1980-  )
オラフ・ショルツ首相(ドイツ連邦共和国第9代連邦首相在任;2021-   )

23.11.10.撮影
〔仮訳〕
この場所は、想像を絶する苦しみを思い起こさせる。私たちは今日ここでパートナーたちとともに、この上なく強い決意で平和と自由を守っていくとの約束を新たにする。核の戦争は決して再び繰り返されてはならない。

ショルツ(1958-  )
ジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニア大統領(アメリカ合衆国第46代大統領在任:2021-)

23.11.10.撮影
〔仮訳〕
この資料館で語られる物語が、平和な未来を築くことへの私たち全員の義務を思い出させてくれますように。世界から核兵器を最終的に、そして、永久になくせる日に向けて、共に進んでいきましょう。信念を貫きましょう。
May the stories of this Museum remind us all of our obligations to build a future of peace. Together-let us continue to make progress toward the day when we can finally and forever rid the world of nuclear weapons. Keep the faith!

ジョー・バイデン(1942-  )

資料館への贈り物として持参した、White Houseで折られた折り鶴
岸田文雄総理大臣(第100代・101代内閣総理大臣在任:2021-   )

23.11.10.撮影
歴史に残るG7サミットの機会に議長として各国首脳と共に「核兵器のない世界」を目指すためにここに集う。

岸田文雄(1957-  )
エマニュエル・ジャン=ミシェル・フレデリック・マクロン大統領(フランス第25代大統領在任:2017- )

23.11.10.撮影
〔仮訳〕
情と共感の念をもって広島で犠牲となった方々を追悼する責務に貢献し、平和のために行動することだけが、私たちに課せられた使命です。

マクロン(1977-  )
ジャスティン・ピエール・ジェームズ・トルドー首相(カナダ第29代首相在任:2015-  )

23.11.10.撮影
〔仮訳〕
多数の犠牲になった命、被爆者の声にならない悲嘆、広島と長崎の人々の計り知れない苦悩に、カナダは厳粛なる弔慰と敬意を表します。貴方の体験は我々の心に永遠に刻まれることでしょう。

トルドー(1971-  )
ジョルジャ・メローニ首相(イタリア共和国第68代閣僚評議会議長(在任:2022-  )

23.11.10.撮影
〔仮訳〕
本日、少し立ち止まり、祈りを捧げましょう。本日、闇が凌駕(りょうが)するものは何もないということを覚えておきましょう。本日、過去を思い起こして、希望に満ちた未来を共に描きましょう。

メローニ(1977-  )
シャルル・イヴ・ジャン・ギスレーヌ・ミシェル欧州理事会議長(EU)

23.11.10.撮影
シャルル・ミシェル(1975-  )
ベルギー第69代首相(在任:2014-2019)
欧州理事会第3代議長(2019-   )
〔仮訳〕
80年近く前、この地は大いなる悲劇に見舞われました。このことは、われわれG7が実際何を守ろうとしているのか、なぜそれを守りたいのか、改めて思い起こさせます。それは、平和と自由。なぜならば、それらは人類が最も渇望するものだからです。
An immense tragedy took place here almost 80 years ago. It reminds us what we -as G7- are defending. And why we are defending it. Peace and freedom. Because it’s what all human beings want most.



「平和記念公園」
訪問者メッセージ(芳名録)



広島ぶらり散歩へ
   -G7広島サミット残り香-
(G7広島サミット)各国首脳のメッセージ
G7広島サミット平和記念樹・碑
G7広島サミット記念マンホール蓋
(G7広島サミット招待国印度)マハトマ・ガンジー胸像


平和記念公園周辺」編


inserted by FC2 system