材木町跡碑

           材木町跡
建立者: :旧材木町生存者有志
建立日: 昭和三十二(1957)年八月六日
             *爆心地から≒500mしかなかった事から一瞬にして町は壊滅したと聞きます。
広島原爆戦災誌によると
  『中島本町1330戸4370人(数字的には材木町もこの中に含まれる)、材木町は建物疎開がなかった。
家屋被害全壊約100%、人的被害約100%と記述があり、また浄円寺境内跡に町内に散乱していた人骨を集め防火用貯水槽を埋め、その上に誓願寺の池の玉垣を積み重ね墓標を建てたそうで、後年平和記念公園の供養塔に納骨した』
との記述もあります。
碑がポツンと1つ囲いもなく建立されている事がより悲しさを誘い、(わたしは)いつも垂れた頭で目頭が熱くなるのです。
今(2008)年8月はじめにこの「材木町跡碑」の根際に「材木町・説明板」が設置されました。いままでポツンと佇んでいたこの碑にやっと仲間ができたように思いましたので、撮影しこの頁を更新しました。
14.12.26.更新     01.10.25裕・編集

01.10.25.撮影
広島市中区中島町1  平和記念資料館北側緑地帯 

01.10.25.撮影

05.02.17.撮影

02.08.28.撮影

03.01.05撮影
碑を後から撮影しました。原爆死没者慰霊碑を観ているような(自然石の)碑の傾きは何を意味しているのでしょうかネ

08.08.16撮影
(材木町跡碑の根際の「材木町・説明板」は2008年8月設置されました)

14.12.18.撮影
(向う側の建物は、通称:原爆資料館です)



  平和記念公園」編



広島ぶらり散歩へ
   (材木町関連頁)
材木町跡碑
材木町・説明板


inserted by FC2 system