廣島縣産業奬勵館・噴水跡
  「猿楽町通り周辺・原爆被災説明板」(原爆ドーム北東側に設置)をみていると、建物の北側スペース(右図面下)が和風庭園に、南側スペース(右図面上)が洋風庭園になっていたことを知ったのです。
その洋風庭園の中に噴水がありその跡が、現在も(原爆ドーム同様)残っているのです。
資料をみていたら広島県産業奨励館(爆心地から≒160m)そして、噴水(爆心地から≒130m)も掲載がありましたので、この頁で取り上げました。
広島県産業奨励館・噴水跡
爆心地から≒130m   被爆当時町名は猿楽町
被爆構築物として広島県産業奨励館をひとつのものとして捉えていたわたしでしたが、資料をみている時に、この噴水跡を別として扱っていましたので、そうだったのかとわかりましたので、この頁を編集しました。
広島市は、毎年『国内ジャーナリスト研修「ヒロシマ講座」』を行っているそうで、
今(2015年)回、その研修中に原爆ドーム内の見学があると云う事で、わたしはジャーナリストではありませんが、原爆ドーム内の見学に参加させていただけることになり、この噴水の根際からも撮影したのでこの頁を更新しました。
15.08.01.更新     07.07.05再編集     04.01.02裕・記編集

02.01.03.撮影
広島市中区大手町1-10    原爆ドーム南側(原爆ドームには保存工事調査足場が組まれています)

04.01.01撮影
広島市中区大手町1-10    原爆ドーム南側

07.06.16撮影
≒東側から噴水跡をみました。 北側(画像右)が原爆ドーム

07.06.16撮影

07.06910.撮影

15.07.29.撮影

15.07.29.撮影
噴水中央塔の隅の飾り細工 噴水周り柱の直線装飾

15.07.29.撮影

15.07.29.撮影



「原爆ドーム」編


被爆した建物・構築物」編



広島ぶらり散歩へ
原爆ドーム(概説)
 被爆後1945年11月(米軍撮影画像)
(広島市設置)原爆ドーム説明板
旧・廣島縣産業奬勵館
広島県産業奨励館・原爆被災説明板
(広島県産業奨励館は)湾曲した建物
原爆ドーム鉄骨部分(楕円形について)
設計者:ヤン・レツルの略歴
広島県産業奨励館・噴水跡
  広島県産業奨励館噴水の吐水口
(平和記念公園の噴水など関連)
(公園北側)祈りの泉
(原爆ドームの南側の)噴水
広島県産業奨励館・噴水跡
平和の泉


「水関連」編


inserted by FC2 system