ノーマン・カズンズ記念碑

  中区中島町の平和記念公園内に建立されている「ノーマン・カズンズ氏の記念碑」です。
ノーマン・カズンズ (1915-1990)
  米国ニューヨークの文芸雑誌「土曜文学評論」の編集長として、1949(昭和24)年広島を訪れ、ルポ「4年後のヒロシマ」を発表。これを契機に、流川教会の谷本清牧師(1909-1986)らとともに原爆により家族を失った子どもに対する「精神養子運動」を行い、400名を超える子どもたちに米国から物心両面で支援しました。さらに1955(昭和30)年谷本牧師や原田東岷医師(1912-1999)らが取り組んでいた原爆後遺症のケロイドの治療に関わり、25名の女性の渡米治療に尽力し、彼女たちに将来に対する希望と自信を与えました。1964(昭和39)年、広島市特別名誉市民の称号を受けました。
1942年から評論誌「サタデー・レビュー」編集長。
「サタデー・レビュー」編集長を引退した後は、カリフォルニア大学医学部大脳研究所教授。
1987(昭和62)年第1回谷本清平和賞受賞。
除幕式:2003(平成15)年8月2日。   
建立者:広島県医師会・広島日米協会などでつくる建設委員会建立。
碑の形状:高さ約120cm、約80cmの二つの自然石で構成されています。
制作者:吉田正浪(碑建立当時・比治山大学教授:1936-2011)です。
2003年8月6日(通称)平和記念式典のあと、この碑を拝見し撮影しましたので、この頁を編集しました。
広島ぶらり散歩「野外彫刻など」編を編集しだして、このノーマン・カズンズレリーフの制作者はと思ったのです。2010年になりましたがレリーフに近づき見ると「m.yoshida」と読めましたので、今になりましたが、追記しました。
2014年になりましたが、碑裏の方から撮影しましたので画像を追加し頁を更新しました。
14.07.03.更新    03.08.07裕・編集

03.08.06撮影
広島市中区中島町1 平和記念資料館・東館南側緑地帯

03.08.22撮影

03.08.06撮影
右側にマルセル・ジュノー博士記念碑があり、左側平和大橋欄干もみえます。

03.08.22撮影

05.02.02撮影
碑は自然石を使い、カズンズ氏の肖像(ブロンズ製の)レリーフ。

11.04.07.撮影

14.06.12.撮影
(マルセル・ジュノー博士記念碑と) ノーマン・カズンズ記念碑を裏側からみました
(碑銘に関しても敬称は略しています)



平和記念公園」編



広島ぶらり散歩へ
「平和祈念碑等建立地一覧」編


inserted by FC2 system