広島市道路元標(広島県里程元標)

  もともとは広島県里程元標で、1889(明治22)年の広島市市制施行時からこの場所※に建っているそうです。1952(昭和27)年までは広島からの距離を計算するときの起点だった石柱です。
県制施行(1871年=明治4年)の際、木製の元標が建てられ、1889(明治22)年広島の市制施行後石柱になったそうです。
この地点は主要街道が交差し太田川の水運の利もあって広島城下町の中心地であったので、里程標の起点になったと考えられます。
この付近には高札場があり、馬継場や広島藩公式の宿舎御客室などがあったそうです。
原爆被災までは現在の場所より約30m東よりにあった広島郵便局の前に建っていました
この道路元標は、強い原爆の熱線をあびて焼け角が欠落しています。
爆心地から≒90m  (被爆当時町名:細工町)
道路の起点、終点の基準となる標識を道路元標といい1919(大正8)年道路法によって各市町村に置くことが決められ、道路に面し最近距離で路端に標石を設置することになっているそうです。
☆道路元標(どうろ・げんぴょう)=路線の起点・終点または主な経過地を表示する標識。
※資料は小堺吉光氏著「ヒロシマ読本」を参考にしました。 07.01.09追記   03.10.15裕・編集

03.10.29.撮影
広島市中区大手町1-10 元安橋東詰北側
元安橋親柱 広島市道路元標説明板(広島市道路元標の上部が僅かに見えます)      花時計

03.10.09.撮影

03.10.09.撮影
廣島市道路元標 道路元標説明板

03.10.29. 撮影
手前元安橋手摺が切れた北側(左側)植え込みの中に広島市道路元標上部が見えます



平和記念公園」編


被爆した建物・構築物」編



広島ぶらり散歩へ
広島市道路元標
中野村道路元標
畑賀村道路元標
奥海田村道路元標


「道標など」編


inserted by FC2 system