(平和記念公園建立)鈴木三重吉文学碑









































台座には「鳥い赤」(赤い鳥)の彫り込みと乗馬が好きだったということから“馬の頭部”が浮き彫りにされています
鈴木三重吉 (すずき みえきち:1882-1936)
小説家、児童文学者。1882(明治15)年広島市猿楽町83番地の1(現・広島市中区大手町2-1-13)に生れ。本川小学校、広島一中、第三高等学校を経て東京帝國大學文科大学英文学科に在学中の1905(明治38)年病気療養のため能美島を訪れ、そこでの体験をもとに短編小説「千鳥」を書き上げた。「千鳥」は夏目漱石(1864-1916)から絶賛された。以後、山県郡加計町を舞台とした「山彦」などを発表し、漱石門下生として活躍を続けたが、1915(大正4)年にいったん筆を折ってしまう。
小説家としての行き詰まりを自覚した三重吉は、児童文学に自らの進むべき道を見いだし、1918(大正7)年には森鴎外(1862-1922)らの賛同を得て、児童雑誌「赤い鳥」を創刊。芸術的に価値のある童謡・童話を子どもたちに提供しようという画期的な運動をスタートさせた。
三重吉はもちろん、芥川龍之介(1892-1927)や有島武郎(1878-1923)、北原白秋(1885-1942)らが傑作を次々と発表。わが国の児童文学は新しい時代を迎えることになる。「赤い鳥」には児童の投稿欄も設けられ、特につづり方、児童詩の教育活動に大きな影響を与えた。
交流ウォーク(2004年5月)に参加させていただき鈴木三重吉(1882年9月29日-1936年6月27日)の生誕地(現・デオデオ附近で)店舗外壁にレリーフが設置されていることを今回初めて知ったのです、そして原爆ドームの西側(相生橋東詰南)に建立されているこの文学碑を撮影しました。彫刻は圓鍔勝三作という事がサインからもわかりました。
  04.06.10裕・記編集

04.06.06.撮影
広島市中区大手町1 平和記念公園(原爆ドーム西側元安川根際)     

04.06.06.撮影

04.06.06.撮影
三重吉胸像 (本の形を抽象化した台座の上に坐る)少年と少女の像
「千鳥」「桑の実」などの名作によって明治大正期の文壇に生彩を放った・・・
昭和39(1964)年6月27日(鈴木三重吉の命日に当たる)建碑
1964 圓鍔勝三作



平和記念公園」編


「圓鍔勝三関連」編



広島ぶらり散歩へ
(平和記念公園)鈴木三重吉文学碑
(子ども文化科学館前)三重吉記念碑
三重吉生誕の地碑
(長遠寺)鈴木三重吉の墓碑


inserted by FC2 system