愛と平和のモニュメント

愛と平和のモニュメント  作:レイモン・ペイネ
Amour,Paix et Bonheur, c'est le souhait des Amoureux de PEYNET.
Que ces Amoureux apportent le bonheuret la paix dans tous coeurs des citoyens des HIROSHIMA
.
'89海と島の博覧会・ひろしま開催を記念して
1989(平成元)年7月8日から10月29日まで開催された(通称)海博会場の南ゲート正面に設置されていたこの「愛と平和のモニュメント」を博覧会終了後広島市が購入し1990(平成2)年4月17日にここ広島国際会議場に移設したものだそうです。
若い恋人同士が肩を寄せ合い愛を語り合っている、ブロンズ像は、仏・画家レイモン・ペイネ氏の原案を仏・若手彫刻家がペイネの指導の下に作成したものだそうです。
レイモン・ペイネ(Raymond peynet) (1908-1999)
仏、パリ市に生まれる。16歳産業装飾美術学校(パリ市)入学。1936年英字新聞『ザ・ブールバルディエ』に挿絵掲載。1958年ブリュッセル万国博・都市計画館の塗装手がける。1986(昭和61)年軽井沢にレイモン・ペイネ美術館開館。1987年仏:芸術・文芸勲章受賞。
1989年昭和天皇が崩御され元号が平成となった元年に開かれた「海島博」には何度か足を運んだのですが、その会場でこの「愛と平和のモニュメント」をみたという記憶がなかった私です。
2006年わたしは、はじめて撮影してこの頁を編集しました。
展示されている処が逆光で撮影の腕がないわたしには巧く撮影出来ていませんが2015年久しぶりに撮影しました。
15.02.21更新    06.06.25裕・編集

15.01.22.撮影
広島市中区中島町1-5 広島国際会議場・1階国際交流ラウンジに展示

06.06.01.撮影
館外からみました

06.04.15.撮影

15.01.22.撮影
敬称は略しています



平和記念公園」編


広島国際会議場



広島ぶらり散歩へ
「平和祈念碑等建立地一覧」編


inserted by FC2 system