(皇太子殿下平和式典参列)記念樹・碑

  中区中島町の平和記念公園に植樹されている「(皇太子殿下平和式典参列)記念樹(クスノキ)」です。
※記念樹の根元付近に「記念樹・碑」が建立されています。
1960(昭和35)年2月12日平塩五男(当時・広島県議会議長)が「原爆被爆者大慰霊祭 に皇太子をお招きしたい」と表明 しました。
原爆忌の8月6日広島県、広島市共催の原爆15周年慰霊式・平和記念式が開催され約40,000 人が参列。
皇太子殿下(のちの第125代平成天皇)、清瀬一郎(1884-1967)第19代衆院議長が初めて参 列、政府は(池田首相代理の)中山マサ(1891 -1976)厚相が出席。
このとき皇太子殿下が平和記念式典に参列されたその記念として植樹されたクスノキです。
平和記念公園を何度となく訪れているのに、この記念樹碑をよく見ることもなかったのです。
根際に建立の「祈りの像」は過去に何度も撮影していましたが、今(2007年)回記念樹石碑の裏側をみて(当時)皇太子殿下が平和式典へ参列された記念樹だったのかと知ったのです。
07.03.06裕・記編集

07.02.21.撮影
広島市中区中島町1 平和記念公園   記念碑と記念樹(クスノキ)と(東側に建立の)祈りの像

07.02.21.撮影

07.02.21.撮影

07.02.21.撮影
記念樹    皇太子殿下平和記念式典参列記念  樹種:クスノキ 昭和35(1960)年8月(6日)



平和記念公園」編 広島ぶらり散歩へ


inserted by FC2 system