日本銀行広島支店・原爆被災説明板

  中区袋町の旧日本銀行広島支店前に建立されている「日本銀行広島支店・原爆被災説明板」です。
日本銀行広島支店・原爆被災説明板        爆心地から約380m
  1945(昭和20)年8月6日午前8時15分、原爆の強烈な爆風により、外形は残ったものの内部は破壊され、42人の犠牲者が出ました。 
市内の金融機関はほとんど壊滅したため、日銀の内部を仕切り各銀行が窓口を設け、(昭和20年)8月8日から業務を開始しました。
写真説明:南西方向から望む日銀広島支店
                        1945(昭和20)年11月 川本俊雄氏撮影
 
旧・日本銀行広島支店は、1936(昭和11)年竣工で、RC(鉄筋コンクリート)造 地上3階地下1階です。
大理石張りで壁厚が40〜70cmもあり耐震性に優れた建物でした。(被爆当時屋上には1m余の砂を敷詰めていたそうです)
わたしははじめて、2000(平成12)年1月10日に爆心から≒380mの被爆建物であるこの建物を撮影したのです。頁を編集するのにチト調べるとこの建物も解体されるように思い、広島市民の平和への気持ちも時代と共に風化して行く?のだろうと思ったのです。その時は、わたしは原爆被災説明板という言葉も知らない広島市民だったのです。
原爆被災説明板が市内に45基設置されている事を知り、2004年ここ旧・日本銀行広島支店を訪ねたのです。
2013年広島平和記念資料館を見学した時展示パネルの中にここ被爆した日銀の写真があり撮影角度が少し違っていたので撮影していました。
2015年(被爆70年)に原爆被災説明板設置の回りがわかるようにと撮影していました。2017年のいまになりましたがこの頁を再編集しました。
17.04.23.再編集   01.01.15裕・追記

02.03.18撮影
広島市中区袋町5-21 旧日本銀行広島支店
原爆被災説明板の画像を使用しています 川本俊雄氏撮影

15.03.21.撮影
旧日本銀行広島支店南西角に建立されています

15.03.21.撮影
旧日本銀行広島支店前には、(戦前からも)広電電車(宇品線)が通っています

13.04.08平和記念資料館展示を撮影
広島市中区中島町1 広島平和記念資料館展示パネル



原爆被災説明板一覧」編



広島ぶらり散歩へ
旧日本銀行廣島支店
旧日本銀行広島支店・内部
日本銀行広島支店・原爆被災説明板
日本銀行広島支店職員慰霊碑


inserted by FC2 system