オバマ大統領のメッセージと折り鶴

  中区中島町の広島平和記念資料館・本館に展示されている米国現職大統領が折ったといわれる「折鶴」と平和記念資料館を訪れた時に残した「メッセージ」です。
それをフラッシュを焚かずに撮影してこの頁を編集しました。
アメリカのバラク・オバマ大統領は、2016(平成28)年5月27日、核兵器保有国の現職の国家元首*1として初めて、平和記念公園と広島平和記念資料館を訪れました*2。
平和記念資料館では、被爆し白血病で亡くなった佐々木禎子さんが病気回復を願って折った鶴など数点の展示をみた後、自らが折った鶴4羽を広島へ贈り、核兵器廃絶へ向けたメッセージを記しました。
*1:戦争で核兵器を使った唯一の国の現職大統領。  *2:資料館見学時間的には≒10分間(平和記念公園滞在時間≒52分間)
私たちは戦争の苦しみを経験しました。
共に、平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持ちましょう。
                           -(オバマ大統領の)サイン-
新聞などの報道で、
『オバマ米大統領が広島訪問の際に広島市に贈った自ら折った折り鶴4羽と、芳名録に記帳した平和メッセージについて、広島平和記念資料館は6月7日、本館(通称・原爆資料館)の北側ギャラリーで6月9日~8月31日に展示すると発表した。』ことを知りました。
2016年6月16日広島赤十字病院での定期検診の後立ち寄りました。
修学旅行生など多くの訪問客が訪れていますので、昼食時間だとすいていると思って早速この折り鶴展示を見学に行きました。
それでも見学者が途切れることはなく、正面からの展示風景は人が少ないときに撮影し、折り鶴撮影は、撮影者も多く何度かに分け順番を待って撮影しました。
オバマ大統領の演説は別頁で編集していますので、下段のリンク先からご覧いただければ幸いです。
オバマ大統領が折った折り鶴、撮影順番を待っていた時、
“有名な仏師が、弟子に大半を彫らせた後、最後の仕上げ彫りをして自分作だということもあったという話を思い出し。オバマ大統領が折ったという折り鶴、器用な秘書官が折り最後のくちばしの部分を折ってオバマ大統領も折った折り鶴かなと思ったりしました”ので、前に並んでいる方に『オバマ大統領関係者が折ったのでは?』と冗談で云ったつもりだったのですが、そうでしょうねと同意されたので、慌ててわたしの作り話ですからとお詫びしました。
 16.06.17.裕・記編集

16.06.16.撮影
広島県広島市中区中島町1-2  通称・原爆資料館

16.06.16.撮影

16.06.16.撮影

16.06.16.撮影
オバマ大統領の広島訪問(2016年5月27日)

16.06.16.撮影
オバマ大統領が記したメッセージ(上記)と折り鶴

16.06.16.撮影
オバマ大統領から子どもたちへ手渡された折り鶴
広島平和記念資料館でオバマ大統領を迎えた2人の子どもたちに手渡されたものです。

16.06.16.撮影

16.06.16.撮影

16.06.16.撮影
ケース横からみました



「原爆関連慰霊碑・平和祈念碑等」編



広島ぶらり散歩へ
オバマ米国大統領プラハ演説(2009)
オバマ米国大統領広島演説(2016)
オバマ大統領のメッセージと折り鶴


inserted by FC2 system