(広島赤十字・原爆病院建立)マルセル・ジュノー博士記念碑(壁付け)

  2013年ここで取り上げているマルセル・ジュノー博士記念碑(壁付け)が撤去され、病院増築で道路を挟んだ“広島赤十字・原爆病院メモリアルパーク”に移され新しく整備されました。
2014年メモリアルパークに移されたマルセル・ジュノー博士記念碑(壁付け)は別頁で編集します。
マルセル・ジュノー博士 (Dr. Marcel Junod :1904-1961 ; スイスの医学者)
  1945(昭和20)年8月9日 赤十字国際委員会の駐日主席代表として来日 広島の原爆被災の惨状を聞くや直ちに占領軍総司令部へ行きヒロシマ救援を強く要請
9月8日調達した大量15屯の医薬品と共に廃墟の市街へ入り惨禍の実情を踏査 自らも被爆市民の治療にあたる
博士の尽力でもたらされた医薬品は市内各救護所へ配布 数知れぬ被爆者を救う 博士の人道的行爲に感謝し 国際赤十字のヒューマニズムを讃え永く記念してこれを建てる   1979.9.8.
建立:1979(昭和54)年9月8日
建立者:ジュノー博士記念碑建立会

碑材など:黒御影石
レリーフ制作者:芥川永(ひさし:1915-1998)

博士の当初の来日の目的は、連合軍捕虜等の動静を調査することだったそうです。
医薬品は、乾燥血漿、ペニシリン、サルファ剤、DDT、包帯などだったそうです。
(15トンの医療品のうち何者かが2トンほど抜き取ったという不祥事があったそうです)
医療品運搬員に紛れ込んでマンハッタン計画の副責任者ファーレル准将が広島視察にきて、東京に帰った9月12日に内外の新聞記者を集め『広島、長崎では死ぬべきものは死に、9月上旬現在原爆症で苦しんでいるものは皆無』という発表をして救援活動にストップをかけ、結果ジュノー博士の援助計画の妨害をしました。
 資料を調べている中で解かりましたので03.10.16追記
2001年広島ぶらり散歩「平和記念公園」編に加えるべく平和記念公園に建立の“マルセルジュノー博士記念碑”を撮影し頁を編集していました。
2003年になりましたが(それ以前から定期検診できている)ここ広島赤十字病院の風除室にも同じレリーフ、碑文の記念碑が建立されている事を知り撮影してこの頁を編集しました。
2013年このマルセル・ジュノー博士のレリーフが、病院増築で広島赤十字・原爆病院メモリアルパークに移されました。
2014年メモリアルパークに移されたマルセル・ジュノー博士記念碑(壁付け)を撮影しましたので、別頁で編集します。
今回2003年編集のこの頁を見直し、碑文を原文に戻し、建立状況がわかる画像を撮影していましたので、画像を増やし再編集しました。
14.06.05再編集   03.10.16裕・編集

03.05.08.撮影
広島市中区千田町1-9-6  広島赤十字・原爆病院玄関風除室

03.05.08.撮影
碑文は平和記念公園のものと同文です

08.09.08.撮影

14.06.12.撮影
マルセルジュノー博士記念碑は撤去され、メモリアルパークに新たに設置されています
(広島市内の)マルセル・ジュノー博士関連記念碑

01.09.27.撮影

05.09.17.撮影
広島市中区中島町1 平和記念公園 広島市中区袋町6-36 まちづくり交流プラザ北側



「平和祈念碑等建立地一覧」編



広島ぶらり散歩へ
      マルセルジュノー関連頁
マルセルジュノー博士記念碑(平和記念公園)
マルセルジュノー博士記念碑(赤十字病院)
(メモリアルパーク移設)マルセルジュノー博士記念碑
(マルセル)ジュノー広場
  芥川永作:ジュノー博士レリーフ
(移設前)広島赤十字病院原爆殉職職員慰霊碑
広島赤十字病院原爆被災説明板
  (原爆で)感光したレントゲンフィルム
(移設前)被爆した建物一部を保存
皇紀2600年記念碑
(枯死した)被爆にわうるし、十字架
(移設前)原爆の絵を街角に返す会の碑
(移設前)マルセル・ジュノー博士記念碑(壁付け)
圓鍔勝三作:調べ
柳原義達作:道標・鳩
流政之作:ユメコン
広島赤十字・原爆病院メモリアルパーク
 (移設)マルセルジュノー博士記念碑(壁付)


広島赤十字原爆病院(概説)


inserted by FC2 system