ジョセフィナ・デ・ヴァスコンチェロス作:Reconciliation (和解)

  ジョセフィナ・デ・ヴァスコンチェロス女史制作の本像は、第2次世界大戦終結から50年を経た1995年、平和の証として、英国コンベントリー市民を代表し、リチャード・ブランソン※氏より寄贈されました。
また、本像と同一の彫像が、広島市民に代わり、爆撃により廃墟となった英国コンベントリー市内のコンベントリー大聖堂にも贈られました。この2つの像は、私達に次のことを思い起こさせてくれます。
  ―人類の尊厳と敬愛は、いかなる破壊力にも動じることなく惨禍を克服し、尊敬と平和のうちに国家と国家を結ぶ
1995(平成7)年7月12日
リチャード・ブランソン (Richard Branson:1950-    )
英国人。実業家。2000年エリザベス女王より“ナイト”称号授与。
ヴァージン アトランティック航空他のヴァージン・グループ会長。
資料は『ウィキペディア」を参考にしました
国際会議場に展示されているこの像を横目で見るだけでしたが、2005年撮影してこの頁を編集しました。
久しく撮影していませんでしたので、2015年になって撮影しました。2005年当時顔を覗き込もうなんてことを考えもしなかったのですが、今回は覗き込んでみたりしましたので、この頁を再編集しました。
15.02.18.再編集     05.02.16裕・編集

05.02.02撮影
広島市中区中島町1-5 広島国際会議場1階ロビー   (外部から撮影しました左隣が「手に手を平和にむかって」像です)

15.01.22.撮影
    向側「手に手を平和にむかって」の像です

05.02.02撮影

05.02.02撮影

15.01.22.撮影

15.01.22.撮影
下から覗いてみました

15.01.22.撮影
敬称は略しています



平和記念公園」編


広島国際会議場



広島ぶらり散歩へ
「平和祈念碑等建立地一覧」編


inserted by FC2 system