(平和大通り)平和の森・碑

  中区中島町の平和大通り南側緑地帯の一部が「平和の森」でそれを示す石碑が建立されています。
平和の森          新日本協議会  昭和36(1961)年
「平和の森」の文字は当時新日本協議会広島県連会長高木尊之の書になり、1961(昭和36)年同会が開催した平和記念慰霊国民大会を記念して植樹された森です。
新日本協議会は、1958(昭和33)年元内相・安倍源基(1894-1989)、防衛庁長官・木村篤太郎(1886-1982)などを代表理事として結成されました。
安岡正篤 やすおかまさひろ (1898-1983)
国家主義者・陽明学者。大阪府生れ。東大法学部卒。
国家主義団体行地社に参加後、私塾金鶏学院を設立、日本精神を鼓舞して新官僚に影響を与えた。のち、国維会に参加。
戦後は全国師友協会会長となり、憲法の会、(右翼団体の連合組織)新日本協議会などを設立。憲法改正運動、安保推進運動などを行い、戦後の歴代首相の指南役を務めた。松下政経塾相談役。著書に『東洋倫理概論』『王陽明研究』等。
ここ西平和大橋・東側の平和大通緑地帯の南側を歩いたことは何度もあり、「友愛碑」は以前から知っていましたが、資料をみるまでここを「平和の森」だということをわたしは知りませんでした。
何度となく見ているのですが2015年久しぶりに撮影して、この頁を再編集しました。
2022年植栽に埋もれるようになっていました。ひっよとして石碑が撤去されたのではと近づきみました。
石碑はありましたが植栽が碑面を隠していますので、(わたしが勝手に植栽を取り除くことはできないので)植栽を管理している市緑地課でしょうか、碑面が見えるように邪魔な植栽をカットしてしていただきたいものです。
23.10.06.更新  15.03.01再編集  06.09.30裕・記編集

06.09.11.撮影
広島市中区中島町 平和大通り

06.09.11.撮影
平和の森の中に友愛碑が1965年建立されています     画像右奥:中国新聞社社屋

06.09.11.撮影
平和の森  昭和36(1961)年  新日本協議会

15.02.08.撮影

15.02.08.撮影

22.09.29.撮影
東側から“平和の森”をみました

22.09.29.撮影
石碑をみようと近づきました

22.09.29.撮影
「平和の森」の石碑はありましたが、碑面は隠れていました
敬称は略しています



「平和祈念碑等建立地一覧」編



広島ぶらり散歩へ
(平和大通)平和の森
友愛碑(日本損害保険協会慰霊碑)
 
(基町)平和の森・碑(1)
(基町)平和の森・碑(2)


「広島の公園」編


inserted by FC2 system