いなりおおはし
稲荷大橋

  中区銀山町と南区稲荷町を結び京橋川に架かる「稲荷大橋」です。
稲荷大橋は、戦後最初の電車併用橋として1950(昭和25)年に架けかえられたと聞きます。
嬌名碑裏をみると1993(平成5)年3月竣工でした。
            (新しく架替られたのか大規模補修したのか調べきっていません)
現・稲荷大橋は長さ86.6m、幅23m、3径間ゲルバ−鈑桁橋※。
  ※平成9年の落橋防止設置工事の資料を参考にしました。
現在の橋とほぼ同位置に架橋されていた被爆した稲荷町電車専用橋は鉄橋として大正元(1921)年11月竣工で、昭和20(1945)年8月6日被爆の惨禍を経て架替えのために昭和25(1950)年解体されました。
                             爆心地より≒1,350m
2000年撮影してこの頁を編集しました。
何度もこの稲荷大橋を渡っているのに橋銘版をよくみた事がなかったなとみると、廣島縣知事の文字、歴代広島県知事につながるものを探してもいましたので読むと楠瀬常猪(昭和25年当時の県知事)の書だったので撮影しました。
07.03.03更新    00.07.30裕・編集
   関連頁:稲荷町電車専用橋・原爆被災説明板

00.07.22撮影
広島市中区銀山町と南区稲荷町を結ぶ稲荷大橋

00.07.22撮影
市内電車広電(低床式の)グリーンムーバーが稲荷大橋にさしかかっています

00.07.22撮影

05.04.16撮影
旧西鉄電車がさしかかっています 竣工プレート  平成5(1993)年3月竣工

04.04.06撮影
櫻と稲荷大橋を≒北西よりみました

05.04.16撮影
稲荷大橋を≒南よりみました

’07.02.17撮影

07.02.17撮影
 廣島縣知事 楠瀬常猪 手摺部分の補修工事が行われていました



「広島の橋」編・全体


広島駅附近の橋一覧へ



広島ぶらり散歩
   (京橋川の橋)
 新こうへい橋
 工兵橋
 牛田大橋
 神田橋
 神田川鉄橋
 常葉橋
 栄 橋
 上柳橋
 京 橋
 稲荷大橋
 柳 橋
 東広島橋
 鶴見橋
 比治山橋
 平野橋
 御幸橋
 宇品橋


inserted by FC2 system