ひがしひろしまばし
東廣島橋

  南区松川町と中区西平塚町を結び京橋川に架かる「東広島橋」です。
最初の東広島橋は、1959(昭和34)年架橋と聞きます。
現在の東広島橋は3径間のPC桁橋です。
竣工板から1999(平成11)年4月竣工フレシネー工法のコンクリート橋です。
フレシネー工法: プレストレストコンクリートの工業化を初めて確立したフレシネー氏(仏)の技術を基本とし仏のS.T.U.P社が開発した工法です。
(prestressed)
プレストレス:
コンクリートの中に入れた高強度の鋼材にあらかじめ引っ張り荷重を与えてコンクリートに常に圧縮力が働くようにし、引っ張りに弱いコンクリートの性質を改良しようとするものです。
※圧縮力に強いコンクリートと引張り力に強い鉄筋を組合せたものが鉄筋コンクリート(RC)
※鉄筋コンクリートの一つで引張り力を加えた鋼材を組み合わせたものがプレストレスコンクリート(PC)
この東広島橋が架かる駅前通を通るとき、三角形の1辺は他の2辺より短いと昔々数学で習ったことを思い出したのです。広島は城下町だったことから東西南北へとほぼ碁盤状に道路ができています、広島市役所から広島駅に行くのに北へ向かい東へ向かう2辺より斜めに行ったほうが効率的と考えて戦後になって作られたのが駅前通で、その線上に架けられたのがこの東広島橋だったのだろうと。
2008年この東広島橋を渡った時、橋名板を見たら「東廣島橋」と旧字で表記していましたので、この頁の標題も旧字に改めました。
09.02.19更新  00.07.30裕・編集

00.07.22撮影
広島市南区松川町と中区西平塚町を結ぶ東廣島橋

00.07.22撮影
 橋脚には石貼りが施されているようです

05.04.16撮影
東廣島橋を≒北からみました

05.07.16撮影

05.07.16撮影
嬌名板
ひがしひろしまばし
1999(平成11)年4月  広島市
道示(1994)B活加重
工法:フレシネー工法
施工:オリエンタル建設(株)

08.07.19撮影
(嬌名板)東廣島橋



「広島の橋」編


広島駅附近の橋一覧へ



広島ぶらり散歩
   (京橋川の橋)
 新こうへい橋
 工兵橋
 牛田大橋
 神田橋
 神田川鉄橋
 常葉橋
 栄 橋
 上柳橋
 京 橋
 稲荷大橋
 柳 橋
 東広島橋
 鶴見橋
 比治山橋
 平野橋
 御幸橋
 宇品橋


inserted by FC2 system