東広島バイパス

  安芸郡海田町南堀川町から広島市安芸区上瀬野町に至る総延長 9.6 kmが「東広島バイパス」です。
  広島市安芸区上瀬野町から東広島市八本松宗吉に至る総延長 7.7 kmが「安芸バイパス」です。
※「東広島バイパス」と「安芸バイパス」は、事業名なのです。
※両区間で、通称・東広島バイパスと云われ、案内標識などにも東広島バイパスが使用されています。
編集項目
2006年1月21日撮影 2006年3月26日撮影 2006年5月6日撮影 2023年3月24日撮影
バイパス工事中 部分開通告知 部分開通海田町 全線開通
通称・東広島バイパス略沿革
1974(昭和49)年4月 都市計画決定
1975(昭和50)年度 東広島バイパス事業化
1995(平成7)年度 安芸バイパス事業化
2006(平成18)年3月25日 中野IC~海田東IC開通〔2.7km、暫定2車線〕
2014(平成26)年3月29日 瀬野西IC~中野IC開通〔4.4km、暫定2車線〕
2023(令和5)年3月19日 海田西IC~海田東IC〔1.6km、暫定2車線〕
八本松西IC~瀬野西IC〔8.4km、暫定2車線〕共に開通
事業などの資料は国土交通省中国地方整備局広島国道事務所の資料を参考にしました。
東広島バイパス
 事業目的
広島都心部への入口となる海田町から上瀬野にかけて渋滞が慢性化、その結果、交通事故の多発区間ともなっております。東広島バイパスの事業では、その解消を目的としています。
 事業経緯 昭和50(1975)年 事業化、平成6(1994)年地域高規格道路の路線指定
 区間
 延長距離
起点:広島市安芸区上瀬野町上瀬野⇔終点:広島県安芸郡海田町南堀川町
専用部≒9.6km、平面部≒1.8km(海田地区)
:1999(平成11)年2月着工。総事業費≒1200億円。2013年~2017年完成予定。
安芸バイパス
 事業目的
東広島バイパスと西条バイパスの連携を図り、東広島市と広島市を直結することで両都市と周辺地域との一体化を図ります。
 事業経緯 平成6(1994)年地域高規格道路の路線指定、平成7(1995)年 事業化、
 区間
 延長距離
起点:広島県東広島市八本松町宗吉⇔終点:広島市安芸区上瀬野町上瀬野
専用部≒7.7km
2000(平成12)年12月着工。総事業費≒500億円。2008年~2017年完成予定。
2006年3月15日ラジオを聞いていたら東広島バイパス25日(土)‘無料’で部分暫定供用(2.7km、2車線で)すると云っていましたので、中国新聞※をみてみると記事がありました。
要約すると『当初は日本道路公団が事業を引継ぎ有料道路とすることだったらしいが、採算重視の(西日本高速道路として)民営化したことでこのバイパスは単独路線のため維持管理コストがかかり過ぎ事業の引継ぎは無理と中国地方整備局が判断し、広島県都市計画審議会の承認を得て新年度中に正式決定するという。最初は「薄皮」方式の有料道路での計画だった』
のかとわたしははじめて知りました。
薄皮方式: 整備局が道路用地の造成やトンネルなど基盤整備を受け持ち。
日本道路公団が道路舗装の一部や料金所設置など付帯設備の工事、完成後の維持管理をするという方式。日本道路公団は現在分割民営化している。
東広島バイパス、安芸バイパスは海田町から東広島市までの国道2号の慢性的な交通渋滞でおこる諸問題を解決するために計画されたと聞きます。わたしがこのバイパスの話を聞いてからも20余年が経っていますし、この地に移り住んで10余年を経過しています。
国土交通省道路局の道路開通情報によると2006(平成18)年3月となっていることは今年今月と云うことのようですが、わが家附近で云えば東広島バイパス・中野東ICから降りてきて国道2号線の連絡道路の整備などが遅れている?ように思えますが。今回(2014年)は中野ICまでと短く降りてきたらすぐに渋滞に巻き込まれるとなったりします。
通称・東広島バイパスが全通したのは、2023(令和5)年3月19日だったのです。
仙台支店からふるさと広島支店になった1982(昭和57)年7月当時・広島電機大学の高城体育館工事の担当の一人となった時から東広島バイパスが出来る計画があると教わっていたのです。
全通するまで40余年かかりました。

その間、東区牛田の借家に住んでいましたが、平成はじめに安芸区中野東(東広島バイパスの下に位置する)に終の棲家を構えたのです。
そして、二人の息子は家を出ていき、令和になって妻も喪い、一人暮らしになった時に全通になった東広島バイパスを3月24日息子運転の車に同乗し助手席から撮影した画像を加え、思い出とともにこの頁を再編集しました。
24.01.20.再編集   06.03.07裕・記編集
中野東1丁目、中野東6丁目付近の工事中の東広島バイパス
2006(平成18)年1月21日撮影
安芸区中野東1丁目附近、中野東6丁目付近の東広島バイパス工事を見ました。
中野東1丁目の東広島バイパス工事を国道2号線の処から見上げました。(この区間は3月に開通)
中野東6丁目のわが家から坂道を上って撮影しました。(この区間の開通はまだまだあのようです)

06.01.21撮影
広島市安芸区中野東六丁目附近の東広島バイパス工事状況

06.01.21撮影
(中野東一丁目附近)法面に東広島バイパスの文字が見えます
海田東IC~中野IC2006年3月25日開通告知
2006(平成18)年3月26日撮影
安芸区中野東1丁目附近の国道2号線で告知されていました。
中野東IC近くのわが家へ行くのに特に便利になったわけではないので利用することはほとんどなかったのです。

06.03.26撮影
安芸区中野東1丁目附近の国道2号線
横幕で東広島バイパスの中野IC~海田東IC間の部分供用を伝えていました。
(この部分先に当る東広島バイパスはまだ開通していません)
 海田東IC~中野IC2006年3月25日開通の海田東IC
2006(平成18)年5月6日撮影
海田町寺迫の国信第二トンネル少し手前の高架橋を見上げました。
この近くの出崎森神社へ参拝に来た時に撮影しました。

06.05.06撮影
安芸郡海田町寺迫2附近の東広島バイパス
 海田西IC~八本松西IC2023年3月19日全線開通
2023(平成令和5)年3月24日撮影
東広島バイパスに入る手前国道2号線上から通称・東広島バイパスを通り西条バイパス・八本松トンネル手前まで撮影
土木技師の息子が設計に携わった箇所があるとかで、開通したばかりの通称・東バイパスを走ってみるというので乗せてもらったのです。
あいにくの雨模様でしたが、助手席から撮影したのでこの頁のまとめにしました。

23.03.24,撮影
↖呉 ↑東広島バイパス:安芸郡海田町窪町付近国道2号

23.03.24,撮影
安芸郡海田町堀川町付近国道2号

23.03.24,撮影
東広島バイパスに入りました:安芸郡海田町南大正町付近

23.03.24,撮影

23.03.24,撮影
↖海田西  ↑東広島バイパス 福山 東広島

23.03.24,撮影

23.03.24,撮影
海田東ICからの合流点、国信第二トンネル少し手前

23.03.24,撮影

23.03.24,撮影
安芸郡海田町国信2付近の東広島バイパスから瀬野川に架かる山陽新幹線高架橋をみました

23.03.24,撮影
↖瀬野西出口:安芸区瀬野南町付近

23.03.24,撮影
315 標識:安芸区瀬野南町付近からみどり坂団地、スカイレールをみました

23.03.24,撮影

23.03.24,撮影
久井原トンネル:安芸区上瀬野町

23.03.24,撮影
久井原トンネル867m

23.03.24,撮影
上瀬野出口:広島市安芸区上瀬野町

23.03.24,撮影
大山トンネル西口:広島市安芸区上瀬野町

23.03.24,撮影
大山トンネル1,380m。大山トンネル東口:東広島市八本町宗吉

23.03.24,撮影
(西条バイパス)八本松トンネル:東広島市八本松飯田



「通り・街道など」編



広島ぶらり散歩
「わが町附近」編

inserted by FC2 system