へいわおおどおり
平和大通り
(概説)
  平和大通りは、都市計画街路比治山庚午線4.78kmの一部で、広島市中区鶴見町から西区己斐(鶴見橋、新己斐橋を含む)までの3.93kmの区間で、通称:百メートル道路といわれ、戦後の広島の歴史を刻んできています。
1946(昭和21)年に決まった広島市復興都市計画では、「中島地区を公園とし、東西に延びる2本の百メートル道路をつくる」とするもので市民の不満の声の広がりで、(現在の)百メートル道路は1本に変更になり、防災道路を兼ね緑地を持った道路として計画されました。
1949(昭和24)年広島平和記念都市建設法により、広島市の中央を東西に貫く平和記念道路と位置づけられ、平和記念公園、河岸緑地などと一体化させて整備されることになりました。
「百メートル道路」と呼ばれていましたが、1951(昭和26)年11月市民公募により「平和大通り」と名付けられました。
当初は、道路としての整地が済んでも舗装工事が進まず、道路として形を整えはじめたのは1957(昭和32)年からで、1958(昭和33)年には供木運動が展開されたそうです。
1965(昭和40)年5月西側の観音・福島地区を抜けて己斐まで全通しました。
1986(昭和61)年(当時の)建設省と「道の日」実行委員会により制定された『日本の道100選』に選ばれました。
現在、平和大通りには約150種2200本の樹木が全国の自治体、世界中の国々などの協力で植えられているそうです。
1943(昭和18)年3月政府は「都市疎開要項」を決定、官公署や軍事施設、軍需工場などを空襲による被害から守るため、民家の取壊しと市民の強制立退きをすすめました。
広島市でも133か所が指定され、1944(昭和19)年末から実施されました。
その取壊し作業(建物疎開)には多数の学生・生徒(動員学徒)や市民・周辺町村の住民(国民義勇隊)などが動員されましたが、すべてが屋外作業であったため、1945(昭和20)年8月6日米軍投下の原子爆弾により多くの犠牲者をだすことになりました。
そのうちの一つとして市街地を東西に横切るように幅100mの防火帯が作られていました(下段に地図をつけました)。
その防火帯跡が戦後名称をかえ今に繋がる平和大通りになるという悲しい歴史をも内在しているのです。
*資料は中国新聞社発行「ひろしま通になろう」他を参考にしました。
2001年2002年平和大通・樹木探索の集いに参加させていただき、いままでぼんやり見ていた平和大通りの緑地帯、緑豊かで種々の木木が植樹されていることを教えていただきました。
2008年交流ウォークで平和大通りを遊歩したのですが、知らないこと気が付かなかったことがまだまだあることを(わたしは)知りました。
健康を目的に黙々とウォーキングされることを決して否定するものではありませんが、建立されている石碑、石燈籠などなどにも目をやりながらの平和大通り・緑地帯をぶらり散歩するのも楽しいものです。
2015年(被爆70年)原爆関連の慰霊碑などを巡りましたので、ここ平和大通り付近の慰霊碑も訪ね頁を更新しました。
17.02.06.更新    07.01.29裕・記編集

08.03.15撮影
           平和大通り (鶴見橋から己斐方向をみました)
平和大通り(も含む)での行事催し

07.01.11撮影

03.05.02撮影

03.08.06撮影

04.12.24撮影
1月 ひろしま男子駅伝 5月 フラワーフェスティバル 8月 (通称)平和記念式典 12月 ひろしまドリミネーション
08.04.07追記 未編集 13.08.09.更新 05.02.09編集
建立されている原爆関連慰霊碑など

00.11.11.撮影

00.11.11.撮影

00.12.29撮影

00.12.29撮影

01.10.04撮影
広島第一県女原爆犠牲者
追憶之碑
移動演劇さくら隊原爆殉難碑 広島市立第二国民学校慰霊碑 友愛碑 広島市立高女原爆慰霊碑
15.04.15.再編集 15.04.14.更新 15.06.15.再編集 15.03.02.再編集 15.02.23.再編集

01.11.17撮影

01.11.21撮影

02.02.03.撮影

02.11.15.撮影

02.11.15.撮影
小網町慰霊碑 広島市医師会原爆殉職碑 原爆犠牲国民学校
教師と子どもの碑
殉国国民義勇隊原爆慰霊碑 福島地区原爆犠牲者慰霊之碑
15.06.15.再編集 15.04.03.再編集 15.08.21.再編集 14.10.05再編集 15.08.15.再編集

03.03.28.撮影

04.12.24撮影

06.05.11撮影

02.12.24撮影

02.12.24撮影
慈母の像 広島・長崎青年交歓記念碑 (1) 瞑想(ラ・パンセ)像 嵐の中の母子像 平和の像「若葉」
15.04.03.再編集 15.03.29 更新 15.04.15.再編集 11.12.03追記 11.12.04追加
架橋の橋梁

04.04.06撮影

00.08.14撮影

01.04.05撮影

05.01.13撮影

05.01.22撮影
鶴見橋 平和大橋 西平和大橋 緑大橋 新己斐橋
05.11.20追記 13.08.22.追記 12.12.24追記 15.08.20.再編集 06.1206更新
記念碑などその他

07.01.24撮影

07.03.12.撮影

07.02.13撮影

06.05.11.撮影

06.09.11撮影
日本の道100選・碑 無名戰士之碑 拓友よ眠れ:碑 三上義雄博士顕彰碑 (平和大通)平和の森
16.04.09.再編集 16.04.16.更新 16.04.15.更新 17.02.06.更新 06.09.30編集

06.06.17撮影

06.10.04.撮影

07.02.13撮影

07.10.10撮影

08.06.07撮影
被爆者の森 合併の森 湯来の森 ケヤキの森 ライオンズの森
15.04.08.更新 07.07.25編集 07.09.02編集 07.10.24編集 08.08.02編集

05.08.06撮影

06.04.15.撮影

07.02.13撮影

07.04.05.撮影
有花会花壇記念石碑 日時計 東京オリンピック記念月桂樹碑 緑の都市賞受賞記念樹・碑
05.08.08編集 06.09.03編集 07.07.10編集 07.09.03編集

05.07.16撮影

09.12.21.撮影

15.04.30.撮影
西堂橋跡説明板 広島緑友会
十五周年記念植樹・碑
日米友好の木ハナミズキ
ケネディ大使等植樹
05.08.07編集 10.07.31編集 16.10.13.編集

05.08.12撮影

07.10.10撮影

08.03.01撮影

08.03.15.撮影

08.03.15.撮影
平和の門 ワールドカップマラソン記念碑 (中区小町)
二等水準点
二等水準点の基 控訴院跡碑
07.02.20更新 07.10.25編集 08.03.15編集 08.03.28編集 08.04.02編集

05.10.10撮影

08.03.15.撮影

08.06.07.撮影
(平和大通り)石燈籠設置趣旨板 (平和大通り)石燈籠32基 ライオン像
06.05.12更新 08.06.12編集 05.08.27編集

06.05.11.撮影

05.09.24.撮影
竹屋地蔵
国泰寺跡
06.09.27編集 05.09.27編集
被爆した樹木

05.09.17撮影

05.11.22撮影

05.09.17撮影

05.09.17撮影

05.11.22撮影

06.06.18.撮影
エノキ ムクノキ クロガネモチ カキ センダン ナツメ
06.02.24追記 06.02.24追記 06.02.24追記 06.02.24追記 06.02.24追記 14.03.25.追記
(わたしが珍しいと思った木々)

07.02.13.撮影

08.03.01.撮影

08.03.15.撮影

08.07.19.撮影

08.07.19.撮影
ナナメノキ シマトネリコ モクマオウ アメリカデイゴ トチノキ
07.10.31編集 08.08.15編集 08.08.16編集 09.02.20編集 09.02.21編集

07.01.24撮影

06.06.17撮影
平和記念公園附近から己斐方面をみる 東平塚町附近から鶴見橋方向をみる
平和大通り位置図 (生活地図サイト MapFan Webより)
07.09.02追記
建物疎開で空地となりいまの平和大通りがわかり、(北側にもう一本の百米道路の計画があったことも)
*戦後間もなくのころの地図をみるとわかるようでしたので12.04.28追記しました。



「(中区〜西区)平和大通り」編


「通り・街道など」編



広島ぶらり散歩へ
「公園・緑地など」編


inserted by FC2 system