(平和大通り)供木運動・説明板

  中区小町の平和大通り緑地帯北側(住所的には小町ですが、中町の白神社前)に広島市が設置した「(平和大通り)供木運動・説明板」です。
平和大通り Peace Boulevard
平和大通りの緑豊かな木々は被爆直後に「75年間は草木も生えない」とも言われた広島の復興と平和の象徴です。
供木運動(きょうぼくうんどう)とは Tree Offering Campaign
平和大通りの整備が始まった頃の広島市は、財政難で思うように木が植えられませんでした。
そこで1956(昭和31)年から翌1957(昭和32)年にかけて(広島)県内の市町村に樹木の提供をお願いしたところ、多くの団体や個人から樹木や苗木が寄せられ、平和大通りをはじめ、公園や道路に植えられました。これが供木運動です。
平和大通りをはじめ、被爆後の広島が緑豊かな美しい街に生まれ変わることができたのは、平和を願う国内外からの支援と街の緑化に取組んできた人々への感謝の気持ちを未来へと伝えていきます。
広島市
平和大通り(概説)の頁を編集するのに参考にした資料の一つである中国新聞社発行「ひろしま通になろう」にある供木運動の時期とこの広島市設置の説明板とは違っていました。
2017年ことし最後の平和記念公園の広場、被爆アオギリの撮影を終えて、平和大通りで催されているドリミネーションを昼みても無粋なことと知りつつも少しばかり平和大通りを歩いてみようと思ったのです。
白神社前の被爆した樹木類が落葉してよく見えるようになったな~と思った時にここで取り上げた「(平和大通り)供木運動・説明板」をみたのです。
いままで、この説明板に気が付かなかったので、少なくとも昨年か今年設置されていた説明板ではと思いました。
 17.12.27. 裕・記編集

17.12.23.撮影
広島市中区小町     (中町の白神社前の平和大通り緑地帯北側です)

17.12.23.撮影

17.12.23.撮影
(2015年みた時は) 碑の回りに植栽が整備されています

17.12.23.撮影



「平和大通り」編



広島ぶらり散歩へ
「植物」編


inserted by FC2 system