オガタマノキ
  中区中島町の平和記念公園の原爆供養塔前に植樹されている「オガタマノキ」です。
※2019年から平和記念公園に寄付された樹木に広島市が「語り継ぐ平和の緑」という標識を取り付けています。
  向かって右側(東側)のオガタマノキにも取り付けられていますので、取り上げました。
*オガタマノキの根際にサカキ(1本)が植えられていますので、取り上げました(別頁で編集しました)。
小賀玉の木
モクレン科の常緑高木。
暖地に自生。葉は長楕円形で厚く、光沢がある。春、径≒3cmの芳香のある黄白色の花を葉腋(ようえき)に一個つける。種子は紅色。葉は香料に、材は床柱や器具に利用。古来、榊(さかき)の代用とした。古今伝授の三木の一つ※。
オガタマノキ
神社などによく植えられる木で、春にほのかに香る白い花をつけます。(常緑樹・モクレン科)
平和へのメッセージ:緑の環境にかこまれ平和の心を育てよう
平和記念公園樹木いきいきボランティア
  語り継ぐ平和の緑   台帳番号C-81ほか
                 国内外からの寄付樹木
樹種:オガタマノキ(Michelia compressa)、サカキ(Cleyera japonica)
寄付者:広島戦災供養会
寄付年:昭和37(1962)年
寄付の経緯:
広島戦災供養会により植えられた樹木です。
市の資料に「饒津神社より」との記述がありますが詳細は不明です。
原爆供養塔前(広場)の梅を紹介した時、原爆供養塔前両側のオガタマの白い花を見たことがありますかと尋ねられたのです。2004年交流ウォークの時にオガタマノキということを教えていただき、後日改めて撮影した時紅色の実を見たのです。
しかし、詳しくは調べもせず、頁を編集していませんでした。
2005年花の画像はありませんが頁にしようとオガタマの木を調べ出すと、一応日本人の端くれのはずのわたしですが語句がさっぱりわからないという恥かしさです。(下段に)チト語句を調べてみました。
2019年みた時、「語り継ぐ平和の緑」という標識が付けられていましたので撮影しました。
20.02.16.更新     05.02.27裕・編集

04.08.27撮影
広島市中区中島町1 平和記念公園 原爆供養塔前広場

04.08.07撮影
原爆供養塔の左右にオガタマノキが植えられています・・・

05.03.19撮影

05.03.19撮影
花が咲いていましたが香りは鼻づまりでわかりませんでした

04.08.27撮影
よ〜くみると実が・・・(花の写真を撮影する前に)紅色には少し手前の種を撮影しました。
2005年は紅色を撮影しました。

04.08.07撮影

04.08.07撮影
交流ウォークに参加させていただきはじめてオガタマノキを教えていただきました

19.05.23.撮影
(西側)オガタマノキ       原爆供養塔   サカキ  (東側)オガタマノキ

19.05.23.撮影
上:旧樹木説明板  下:「語り継ぐ平和の緑」という標識も取り付けられました

19.05.23.撮影
                      サカキ          (東側)オガタマノキ

19.05.23.撮影
サカキ                              (東側)オガタマノキ

19.05.23.撮影
(西側)オガタマノキ

19.05.23.撮影
(西側)オガタマノキ
さんぼく
三木
古今伝授※中の三種の木。異伝があるが、普通、小賀玉の木・蓍に削り花・川菜草をいう。
めど
メドハギの古名。[和名抄※]
蓍に削り花   メドハギに付けた削り花。古今伝授※の三草(三木)の一つ。
けずりばな 
削り花 
 丸木を薄く長く削り掛けにして、花びらが開いたような形にこしらえたもの。
多く、御仏名(おぶつみよう→仏名会)に用いる。
ぶつみょうえ 
仏名会 
12月19日より三日間仏名経によって三世の三千の仏の名前を三日間唱えて、罪の消滅を祈る法会。
宮中でも室町時代まで恒例の行事として清涼殿で行われた。御仏名。
めどはぎ
蓍萩
マメ科の小低木状の多年草。荒地・草原などに多い。茎は直立して高さ約80cm。葉は複葉で密に互生。小葉は篦(へら)形。夏から秋、葉腋に白色で紫の条線のある小花を開く。
茎を筮※とした。若芽は利尿・解熱剤とされる。メドギ。漢名、鉄掃箒(てつそうしゆう)。
めどぎ「めどき」
筮:蓍 
 占いの道具。もとメドハギで作ったが、のち竹で作る。筮竹(ぜいちく)。めど。
かわなぐさ
川菜草
淡水産の藻の類の古名。古今伝授の三草(三木)の一。
こきんでんじゅ
古今伝授
歌道伝授の一。中世、古今集の語句の訓詁注釈を師から弟子に伝え授けたこと。
三木・三鳥・三草などはその例。
さんそう
三草
古今伝授中の三種の草。異伝があるが、普通、川菜草・下がり苔(ごけ)・蓍(めど)に削り花をいう。
◇三種の有用な草。麻・紅花(べにばな)・藍(あい)とも、木綿・麻・豆とも、藍・紅花・稲ともいう。
さんちょう
三鳥
古今伝授中の三種の鳥。異説があるが、喚子鳥(よぶこどり)・百千鳥(ももちどり)・稲負鳥(いなおおせどり)、または喚小鳥・都鳥(みやこどり)・稲負鳥をいう。
さかき
榊:賢木
〔栄える木の意〕
神域に植える常緑樹の総称。また、神事に用いる木。
ツバキ科の常緑小高木。暖地の山中に自生。高さ約10メートル。葉は互生し、長楕円状倒卵形。濃緑色で質厚く光沢がある。六、七月、白色の小花を開く。枝葉を神事に用いる。〔榊の花は季語・夏〕
ひさかき   ツバキ科の常緑低木。山地に生え、庭木とされる。よく分枝し、葉は狭い卵形で鈍い鋸歯があり、質厚く光沢がある。雌雄異株。春、葉腋(ようえき)に白色の小花を少数つける。サカキの代用として枝葉を神前に供える。ヒサギ。〔「の花」は [季]春〕
くんこ
訓詁
字句の解釈。文章全体の意義を考えるのでなく、部分的な文字や語句を説明すること。
ちゅうしゃく
注釈:註釈
語句や文章の意味をわかりやすく解説すること。また、それをした文。
わみょうしょう
和名抄
:倭名鈔
倭名類聚鈔(わみようるいじゆしよう)の略。
わみょう
 るいじゅしょう

倭名類聚鈔
辞書。源順著。醍醐天皇皇女勤子内親王の命で撰進。承平年間(931-938)の成立。
一〇巻本と二〇巻本がある。一〇巻本は約2500の漢語を天地・人倫など二四部一二八門に意義分類し、主に漢籍から引用して語釈を示し、あわせて音注と万葉仮名和訓を付する。「わみょうるいじゅうしょう」
二〇巻本は、さらに薬名・官職名、日本の国郡郷駅などの地名を加え、全体を三二部二四九門に分類する。



「平和記念公園の草木達」編



広島ぶらり散歩へ
  原爆供養塔前
オガタマノキ
サカキ


inserted by FC2 system