(広島酒販寄付の)イロハモミジ

  中区中島町の平和記念公園に広島酒販の寄付によって植樹されている「イロハモミジ」です。
*平和記念資料館東館北側緑地帯の東寄りの方に植樹されています。
  語り継ぐ平和の緑   台帳番号F-213  国内外からの寄付樹木
樹種:イロハモミジ  (Acer palmatum)
寄付者:広島酒販
寄付年:1975(昭和50)年
寄付の経緯:寄付の経緯については不明です
広島酒販とは、広島小売酒販組合のことであろうかと思いますがわたしには詳しいことがわかりません。
1966(昭和41)年9月12日に広島県の木としてモミジが決められました。
Wikipediaによると、イロハモミジ(学名:Acer palmatum)は、クロジ科カエデ属の落葉高木。単にモミジと呼ばれることが多い。とありますが。
イロハモミジとモミジの違いがわたしにはよくわかりませんが、モミジが広島県の木ということから広島酒販組合創立30周年記念か何かの記念で寄贈したのではないかと思ったりしましたが確かなことはわかりません。
根際の「全日本損害保険労働組合被爆20周年記念碑」は2001年撮影し頁を編集していましたが、“語り継ぐ平和の緑”標識が取り付けられる前に過去何度となく傍を通っているのに、ここにイロハモミジがある事さえ気が付いていなかったのです。
2020年になって取り付けられた“語り継ぐ平和の緑”標識”で(わたしは)わかったので、頁を編集しました。
 21.1014.裕・記編集

20.10.16.撮影
広島市中区中島町1 平和記念資料館東館北側緑地帯
全日本損害保険労働組合寄付ヒイラギモクセイ     広島酒販寄付イロハモミジ  旧天神町説明板

20.10.16.撮影
(≒南側からみました)
広島酒販寄付イロハモミジ        旧天神町説明板

21.10.07.撮影

21.10.07.撮影
(≒西北側からみました   向側:元安川)



平和記念公園草木一覧



広島ぶらり散歩へ
(広島酒販寄付)イロハモミジ
(全損保労組寄付)ヒイラギモクセイ
 


inserted by FC2 system