(高松市寄付の)オリーブ

  中区中島町の平和記念公園に香川県高松市の寄付によって植樹されている「オリーブ」です。
*平和記念資料館東館北側緑地帯に植樹されています。
  語り継ぐ平和の緑 台帳番号F-161  国内外からの寄付樹木
樹種:オリーブ (Olea europaea)
寄付者:高松市
寄付年:1954(昭和29)年4月6日〔到着日〕
寄付の経緯:
平和記念公園の完成を一年後に控えた昭和29(1954)年、広島市は「平和を愛する全国民の手で広島平和記念公園に平和郷を建設したい」との想いで、全国の市長に宛てて樹木の寄贈を要請しました。
その趣旨に応え、高松市からは10本のオリーブが贈られました。
2020年になって“語り継ぐ平和の緑”標識が取り付けられていることに気が付き撮影しました。
 21.12.06.裕・記編集

20.12.18.撮影
広島市中区中島町1 平和記念資料館東館北側緑地帯

20.10.16.撮影
(何度も横を通っているのにオリーブに気が付かなかったのです)

21.10.07.撮影
(標識が付いて改めてみてオリーブだったのだとわかる樹木にも疎いわたしでした)

20.12.18.撮影



平和記念公園草木一覧 広島ぶらり散歩へ


inserted by FC2 system