ニッサンスカイライン
  広島市安芸区瀬野のJR瀬野駅北側駐車場でみた「日産スカイライン」を取り上げました。
*瀬野機関区記念碑の頁の中に編集していましたが、分離独立させました。
日産 スカイラインは、1957(昭和32)年の登場から現在まで実に60年もの間、販売しているそうです。
現在販売されているV37型は13代目にあたります。
スカイラインの長い歴史のなかで、もっとも売れたのが、1972(昭和47)年に登場したC110型(4代目モデル)通称ケンメリでした。
C110型は1977(昭和52)年に生産終了し、5代目モデルにバトンタッチするまでの約5年間で67万台を販売しました。この67万台がスカイライン史上最大の売り上げ台数でありました。
C110型のスカイラインには、2ドアハードトップ・4ドアセダン・5ドアステーションワゴンがラインアップされています。
いずれも5ナンバーに区分されるサイズでした。
また、このモデルから警察庁のバトロールカーとしても導入されていたそうです。
(ここで撮影した)2ドアハードトップのボディサイズは、全長4,460mm×全幅1,625mm×全高1,385mmで、ホイールベースは2,610mm。
わたしは、車に興味がなく所有もしていませんでしたので瀬野機関区記念碑を撮影しながら古い車だなとは思っていたのですが何もわからなかったのですがブログの友にスカイラインの古い型ですねと云われたのです。
チト調べるとSKYLINE-C110型のように思われました。
1972(昭和47)年に発売されたスカイラインとしての4代目に当るようです。
当時「ケンとメリーのスカイライン」キャンペーン展開され、幅広い年齢層の共感を呼び大きな話題となったことから、通称「ケンメリ」と呼ばれているようです、わたしもうろ覚えながら記憶があります。
瀬野機関区記念碑が建立されていることは、安芸区まちづくり推進課が作成した『あきく魅力まっぷ』なるリーフレットを見て知ってはいたのですが場所がわからず、瀬野駅駅員の方に尋ね親切に教えていただき撮影したのでした。
スカイラインについては、「瀬野機関区記念碑」の下段に編集していましたが、今回独立したこの頁に再編集しました。
2311.09.分離独立    06.03.23裕・記編集

06.03.05 撮影
広島市安芸区瀬野1-5  瀬野駅北側広場

06.03.05 撮影
JR瀬野駅北側駐車場にて



「乗り物」編



広島ぶらり散歩
JR瀬野駅
 瀬野機関区記念碑
 (瀬野機関区)第六期運転無事故記念・碑
 (北駐車場の)ニッサンスカイライン
 (旧西国街道沿い)郵便ポストのステッカー
スカイレール-概説-
 スカイレール(廃線前の)乗車記


「わが町(旧・瀬野川町)附近」編



inserted by FC2 system