(明泉寺)被爆樹木・マツ -2013年枯死-

  南区段原の明泉寺境内にあった「被爆樹木・マツ」です。
2013年11月枯死し撤去されたそうです。
2015年(わたしは)枯死したことを知りましたので、(上記文章を)過去形の表現にしました。
被爆樹木 マツ
A-bombed tree Japanese Black Pine
爆心地から1900m
Approx.1900m from hypocenter
このマツは、1945(昭和20)年8月6日の原爆にも耐え、生き残りました。
段原再開発事業に伴い、1995(平成7)年に現在の場所へ移植されました。
2004(平成16)年7月交流ウォークのときに被爆したマツであることを教えていただいたのです。
2006年6月になって再び訪ねたのです。マツは松くい虫などの被害に合いやすいようですのでどうかなとみたのですが、樹木の知識に疎いわたしですが元気のようでした。この被爆したマツを明泉寺の頁から分離した頁にしました。
2015年比治山付近の原爆関連の慰霊碑を訪ねた時に、比治山公園からここ明泉寺を見たのです。
この時、被爆した山門の根際にあったマツがないことを知ったわたしでした。
 2016年になりましたが、市平和推進課に尋ねると2013年11月枯死し撤去したとお寺より連絡があったと教えていただきました。
この待つが、枯死したことを知りましたので、いままで近くに行った時はもっと撮影しておけばと悔やみながら、掲載画像を増やし、2015年無くなった(枯死した)こと知った画像も加えこの頁を再編集しました。
16.04.07.再編集    04.08.10裕・記編集

04.07.10.撮影
広島市南区段原3丁目11‐9 明泉寺境内

06.06.01.撮影

06.06.01.撮影

06.08.06.撮影
2006年原爆忌の式典後平和大通りを西側にぶらり散歩し比治山公園に来たときみました

08.11.15.撮影
2008年道路からみて頭の処が切られたのかなと思いながら通り過ぎました

08.11.15.撮影
2015年被爆マツがないことに気が付いたのです

15.09.05.撮影
2015年被爆したマツが無くなっていることを(わたしは)知りました

15.09.05.撮影




「被爆した樹木一覧」編



広島ぶらり散歩へ
明泉寺
(明泉寺)被爆したマツ


inserted by FC2 system