佐藤忠良作品 ・ポケット

  この作品が展示されている比治山公園の中でわざわざ「彫刻の小道」と名付けられてはいるのですが、現在、この佐藤忠良作品と舟越保武作品の2作品が設置されているだけです。
芸術に(も)お金が掛けられなくなった(かけることができないほど1兆円にも及ぶ借金だらけの)広島市を思うこの「彫刻の小道」ではないのかと(わたしは)思いながら作品を拝見しました。作品はポケットの中に(隠した)お金がないかと探している作品かなと思う、あまりにも芸術に疎すぎ情けないわたしでした。
佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう)(1912-2011)
  彫刻家。宮城県出身。東京美術学校(現・東京芸大)卒。
1939(昭和14)年新制作派協会彫刻部創立に参加。1944〜1948(昭和19〜昭和23)年まで兵役、シベリア抑留。1960(昭和35)年高村光太郎賞。1966(昭和41)年東京造形大教授。1974(昭和49)年毎日芸術賞、芸術選奨。1975(昭和50)年「カンカン帽」で中原悌二郎賞。1985(昭和60)朝日賞。戦後の具象(=目に見える形のあること)彫刻界の代表的存在として知られる。
2004年撮影してこの頁を編集しました。
04.11.11裕・記編集

04.07.10撮影

04.10.15撮影
広島市南区比治山公園(彫刻の小道)

04.10.15撮影

04.10.15撮影
ポケット  1989(平成元)年3月設置



「野外彫刻など」編


(比治山公園)彫刻の小道



広島ぶらり散歩へ
佐藤忠良作品
(西部埋立第五公園)裸のリン
(比治山彫刻の小道)ポケット
(グランドパーキング大手町)裸婦・朱


inserted by FC2 system