(三篠小学校)浅野侯爵来校記念樹碑

  西区三篠町の三篠小学校の校外からみることができる「浅野侯爵来校記念樹・碑」です。
1932(昭和7)年7月8日三篠小学校に浅野候が来校、果樹50本を植樹したことを記念した石碑です。
浅野候は当時50円寄附したといわれているそうです。
広島藩主浅野家十二代であった浅野長勲(ながこと)、明治維新で殿様から侯爵となった人物です。
昭和初期はまだまだ浅野の殿様が来校されたということになったのでしょう。
交流ウォークの時教えていただき撮影しこの頁を編集しました。
04.10.31裕・記編集

04.10.15撮影

04.10.15撮影
広島市西区三篠町1-9-25

04.10.21撮影
浅野侯爵来校記念樹』の碑
裏面: 昭和七(1932)年七月八日
     
果樹五十本寄附

三篠小学校略沿革  
明治7年2月1日
(1874)
静観舎(沼田郡楠木村横川)創立
明治24年4月1日 三篠小学校と校名改称
明治45年4月1日 三篠尋常高等小学校と校名改称
昭和4年4月4日 (広島市に編入)
昭和7年4月26日 現在地に移転新校舎落成
昭和16年4月1日 三篠国民学校と改称
昭和22年4月1日 三篠小学校と改称



(広島ゆかりの人たち)
歴代広島城主




広島ぶらり散歩へ
(浅野長勲関連頁)
(饒津神社の)淺野長勲公頌徳碑
(三篠小学校の)浅野侯爵立寄碑
(三篠三丁目集会所横)記念碑


inserted by FC2 system