みわざん ふどういん
三輪山不動院

  中区銀山町にある「三輪山(みわざん)不動院」です。
※広島新四国八十八ヶ所霊場第六十五番霊場です。
街のビルの谷間に建立された不動院は、真言宗醍醐派のお寺で、本尊:は、不動明王です。
安芸国仁保島村の“寿平さん”が天保14(1843) 年に海難にあったときに御不動さまが現われ一命を救われたことにはじまると寺伝にあります。
本堂は昭和52(1977)年10月に再建されたそうです。
2005年交流ウォークで立ち寄り撮影してこの頁を編集しました。
今(2007年)回は本堂にあがりお参りをさせていただきましたのでこの頁を更新しました。
07.02.19更新      05.05.03裕・編集

07.01.20撮影

05.04.16撮影
広島市中区銀山町10-4 

05.04.16撮影

05.04.16撮影

07.01.20撮影
本堂
だいごは
醍醐派
古義真言宗系の一派。醍醐寺を本山とする。派祖は聖宝。
(しようぼう)
聖宝:
(832-909)
平安初期の真言宗の僧。光仁天皇の子孫。諡(おくりな)は理源大師。醍醐寺開山。
貞観寺座主(ざす)。東寺長者。諸宗を学び、また役小角(えんのおづの)を慕い金峰山(きんぷせん)で修行した。真言修験道中興の祖、真言宗小野流の祖師とされる。著「大日疏鈔」など。



広島の神社仏閣」編
(「広島新四国八十八ヶ所霊場」編)
広島ぶらり散歩へ


inserted by FC2 system