(長遠寺)被爆樹木・ソテツ

  中区大手町の長遠寺(じょうおんじ)で、1945(昭和20)年8月6日「被爆したソテツ」です。
(新しい標識) 被爆樹木  ソテツ
A-bombed trees  Japanese sago palm
爆心地から800m。 寺院内で被爆し、焼け残った根元から新芽が生え、成長したものです。
後に2株に分け、ここへ移植されました。
(以前の標識) 被爆樹木  ソテツ
A-bombed tree  Japanese Fern Palm 
爆心地から890m
Approx.890m from the hypocenter
このソテツは、1945(昭和20)年8月6日の原爆で地上部を焼失しましたが、その後、根元から芽を吹き返しました。
  この標識には890mとありますが、広島市の被爆樹木リストには「800m」となっています。 
長遠寺に被爆した・ソテツがあることは、広島市市民局国際平和推進部の資料をみて知ってはいましたが、訪ねたことはありませんでした。
2005年9月交流ウォークのときにお寺を訪ねましたので、この被爆したソテツを撮影しました。
被爆樹木の標識が新しくなっていますので、2016年暮れになりましたが広島赤十字病院での定期検診後立ち寄り撮影しましたのでこの頁を更新しました。
16.01.22.更新   05.10.01裕・記編集

05.09.17.撮影
広島市中区大手町1-10-6 長遠寺境内

05.09.17.撮影
現在のソテツは株分けし移植されています。

05.09.17.撮影

05.09.17.撮影

16.12.22..撮影
(新しい被爆樹木の標識になっています)

16.12.22..撮影

16.12.22..撮影

16.12.22..撮影

16.12.22..撮影



被爆した樹木一覧」編



広島ぶらり散歩へ
長遠寺
(境内の)被爆樹木・ソテツ
(境内の)被爆した墓石
(境内の)鈴木三重吉の墓碑
(境内の)飯田篤老の墓


inserted by FC2 system