(中野の文房具店前に設置)瓶専用自動販売機

  安芸区中野に開店している“野村文具店”前に設置の「瓶専用自動販売機」です。
※2020年12月で瓶ジュースの製造が終わることからこの自販機も終了となります。
※中野東小学校(1978年開校)の児童たちが利用する文房具店です(昔は御用達だったのでしょう)。
サントリーによると
1956(昭和31)年ペプシコーラの一般発売が許可され、翌(昭和32)年販売を開始。
1958(昭和33)年11月11月、日本ペプシコーラ(株)設立。
1971(昭和46)年6月缶自動販売機を導入。
1982(昭和57)年6月米国ペプシコ・インクの日本支社となり、社名を日本ペプシコーラ社へ変更。
1998(平成10)年1月サントリー株式会社がペプシコーラのマスターフランチャイズ権を取得。
わたしも利用したことがあり、コーラよりもミリンダを飲んだ方が多い思い出はあるのですが。
今(2019年)回久しぶりに見ると、キリン関連の瓶の飲み物が主流になっているようでした。
2019年10月RCCラジオをながら族として聞いていたのです。
“土曜なのに歌謡曲ナイト”でここで取り上げた、瓶の自動販売機の話がでて、しかも中野東駅から東の方に行ったところに昔あったがいまはどうなっているだろうかというリスナーからのはがきが読まれていました。
わたしは平成になって中野東に移り住んだ新住民ですが、当時からこの自販機はあったように思うのです。
利用したこともありますが、久しく利用することもなかったのです。
RCCラジオを聞いていなかったら取り上げることもなかったであろうこの瓶専用自販機を撮影しこの頁を編集しようとしていました。
ずるずると編集完としていなうちに2020年になって、前を通った時に新しい貼り紙に気が付いたのです。
2020年12月でいよいよ瓶ジュースの製造が終わることを告げていましたので、いよいよ編集しなくてはと思った次第です。
20.02.29.裕・記編集

18.10.26..撮影
広島市安芸区中野5-11-2  野村文具店

19.10.26.撮影
(ペプシ)瓶専用自動販売機  〔PEPSIの自販機ですがキリン瓶中心になっています〕

19.10.26..撮影

19.10.26..撮影
(株)ビバックス〔キリン製品〕  以前は80円、現在は80円  100円以上入れないで下さいなど注意書き

19.10.26..撮影
(瀬野川に架かる平原橋西詰めすぐ)

20.02.24..撮影
(2020年なって貼り紙に気が付いたのです)

20.02.24..撮影



「食べ物」編



広島ぶらり散歩へ
「わが町(旧・瀬野川町)附近」編


inserted by FC2 system