(大国神社・広島土砂災害)鎮魂の碑

  広島市安佐南区八木の大国神社に建立されている広島土砂災害での「鎮魂の碑」です。
※2014年8月20日広島土砂災害でのここ梅林学区上楽地町内会の方で亡くなった方々12名の鎮魂の碑です。
*建立年月日は、碑面には刻まれていないようでしたので(わたしには)わかりませんでした。
(表面) 鎮魂の碑      
(裏面) 平成26年8月20日未明発生 
激甚災害死没者氏名





























































































この頁の上記を編集しながら、この町内会で亡くなった方々は、今のわたしよりも若くして亡くなったことを改めて知り、目頭があつくなりました。ご冥福をお祈りすることしかできませんが。
広島土砂災害では、
安佐南区での犠牲者は68+2名を数えました。
内訳は、八木3丁目41名、八木4丁目9名、八木8丁目2名。緑井7丁目10名、緑井8丁目4名。山本9丁目2名。その他に災害関連死に認定された安佐南区の人が2名おられます。
安佐北区の人は6名が亡くなり災害関連死の人1名。
全体で74名+災害関連死3名で全体で77名もの犠牲者を出しました。
2014(平成26)年8月20日記録的集中豪雨は、午前1時半から午前4時の真っ暗で対応の難しい時間帯に、.新興住宅地など人家が密集する住宅地後背の山々を襲ったという悪条件が重なったことで甚大な被害を出した“都市型土砂災害”と云われています。
この土砂災害はそれ以前のものと違い、単に砂防だけの問題でなく都市計画・地域計画・防災計画のさまざまな問題点が浮かび上がったのです。
行方不明者の捜索は、約1か月間におよびましたが、災害における直接死は74人(最終報告)、これにこの災害関連死3人が加わり、死者77人となっています。
2023年8月新聞やローカルニュースで、広島土砂災害の慰霊祭などが各地で催された報道に接しました。
その中にここで取り上げた大国神社に「広島土砂災害慰霊碑」が建立されていることを知ったので、撮影に行こうと思っていたのです。
彼岸の中日(墓参りの為)に帰ってきた息子の車で連れてきてもらったので、撮影しましたので、この頁を編集しました。
23.09.28.裕・記編集

23.09.23.撮影
広島市安佐南区八木3-17  大国神社

23.09.23.撮影

23.09.23..撮影
(広島土砂災害)鎮魂の碑

23.09.23..撮影

23.09.23.撮影

23.09.23..撮影
(碑文上記)



「水関連」編



広島ぶらり散歩へ
(八木)大國神社
  (大国神社の)標柱
  (広島土砂災害)鎮魂の碑


inserted by FC2 system