(三篠小学校内)被爆樹木・クスノキ

  西区三篠町にある三篠小学校校庭に移植されている「(被爆した)クスノキ」です。
※もともとは、三篠本町の日本電気計器検定所(現在はフジ三篠店)の北側の民家で被爆しました。
ひばくじゅ木 クスノキ  A-bombed tree  Camphor tree
ばく心地から1,850m
   Approx.1,850m from the hypocenter
三篠国民学校は、1945(昭和20)年8月6日の原爆により木ぞう校しゃがとうかいし、その後の類焼により校舎が全焼しました。焼けあとには、鉄骨だけになった講堂の残がいが取り残されました。
  このクスノキは三篠本町一丁目の日本電気計器検定所の北側でひばくしたもので、戦後移植されました。 
ここ三篠小学校の近くの三篠神社の境内に被爆樹木があり以前交流ウォークのとき撮影していたのですが、ここ三篠小学校の被爆したクスノキ(日本電気計器検定所の北側にあったものを戦後移植したもの)が(広島市市民局国際平和推進部作成の被爆樹木リストにある被爆樹木で)あるのです。
被爆樹木を訪ねているわたしには、最後に訪ねた被爆樹木でした。
※被爆建物・日本電気計器検定所は2011年に解体され、その跡地は後に(スーパー)フジ三篠店が開店。
いつものようにインターフォンで用件を伝え校内にと思いボタンを押したのですが、下校時だったので先生方忙しかったのでしょう出てこられませんでしたので、下校していた児童に職員室は何処かと訪ねたところ近くまで案内してくれました(わたしが不審者のおじさんには見えなかったのかなとチトうれしく、ありがとうと云ったのですが)子どもが本来持っている親切心を育てることがなかなか難しい時代になってきたことを思いました。
知らない人とはしゃべらないのが鉄則になりつつある世の中を悲しみつつ、蛇足ながらここに記述しました。
三篠公民館の傍が三篠小学校ですので、この頁を編集してからも(三篠公民館主催の交流ウォークに何度か参加させていただき)校外からこの被爆したクスノキをみていましたが、2007年12月校門の外から撮影しました、元気なようでした。
2015年校外からこの被爆したクスノキをみました。遠くからですが元気そうでした。
新しい白色の被爆樹木標識になっていることがわかりました。近くから白色標識を撮影していませんが、画像を加えました。
18.03.20.更新    06.03.21裕・記編集

06.03.17.撮影
広島市西区三篠町1-11-15三篠小学校

06.03.17.撮影

06.03.17.撮影

06.03.17.撮影
小学生に見守られながら堂々と胸を張っているように葉を茂らせているようにわたしは思いました。

07.12.19.撮影

07.12.19.撮影
校門の外からみた被爆したクスノキでしたが、元気そうで子どもたちを見守っているようでした

15.11.21.撮影
2015年にも校外から被爆クスノキをみました

15.11.21.撮影
(新しい白色の被爆樹木標識になっていました)



被爆した樹木一覧」編



広島ぶらり散歩へ
日本電気計器検定所
  (北側で被爆したクスノキが生きています)
解体された日本電気計器検定所
  (現在、三篠小学校に移植されています)
(被爆した)
クスノキ


inserted by FC2 system