廣島陸軍幼年學校跡

  陸軍幼年学校は、陸軍の中堅将校を育成する目的で、満13・14歳の少年を入校させ、3年間基礎的な教育訓練をした学校です。
卒業後は、陸軍士官学校を経て将校になりました。
体格検査と学科試験で選抜され、制服の襟に金星のマークがつけられたことから「星の生徒」と云われていたそうです。
1870(明治3)年横浜語学研究所を大阪兵学寮に編入、幼年学舎としたことが前身で、それ以後縷々変遷があり。
1896(明治29)年5月陸軍幼年学校条例廃止、代わって陸軍中央幼年学校条例および陸軍地方幼年学校条例が制定されました。
1897 明治30年 広島陸軍地方幼年学校開校
仙台・東京(*陸軍中央幼年学校)・名古屋・大阪・広島・熊本の6箇所で開校
1920 大正9年 広島陸軍幼年学校に改称
1928 昭和3年 国際連盟「パリ不戦条約」で軍縮の一貫として広島陸軍幼年学校廃校
*Wikipediaでは、1925(大正14)年5月1日に廃止としていますが、説明文を優先しました
1936 昭和11年 再び開校
1945 昭和20年 敗戦までに49期3,345名の職業軍人になる少年を送り出しました
被爆当時は、幼年学校の少年達は、郡部(高田郡吉田町:現安芸高田市吉田町など)に分散疎開していて人的被害はなかったそうですが、ここの建物を使用していた第224師団司令部や各部隊の見習士官など約80名の方々が被爆死されたことは現在ここの地に立っても知る事は出来ません。
資料をみていると、先日解体された広島陸軍幼年学校炊事室は爆心地から≒1,340mですが、
           いまも残されている
広島陸軍幼年学校・門柱は爆心地から≒1,140m
(広島)陸軍幼年学校の門柱が残っている事は以前から知っていましたが、由来などに付いてはおじさんの「原爆記」の関連資料として調べて行くうちに知りました。
門柱の横に碑があることは2001年に訪ねたとき知りましたが2006年交流ウォークのときに改めて撮影し別頁に編集しました。また、府中町に再興された紀元2600年記念碑他も関連頁として編集しました。
2012年おじさんの「原爆記」も取り上げている平和記念資料館平成23年度企画展で「広島陸軍地方幼年学校」というパネルが展示してありました。
みると広島陸軍幼年学校のいまも残されている門柱と建物が写っていました。そして、それまで「広島陸軍幼年学校」と思っていましたが、“地方”が入っていました。資料を調べ直しこの頁を(わたしなりに)見直しました。
2014年のいまになりましたが、米軍撮影の被爆前、被爆後の画像も掲載し、この頁を再編集しました。
14.08.20.再編集   07.07.08追記   03.08.02. 裕・記編集

03.07.09.撮影
広島市中区基町21    (RCC中国放送北側緑地帯)

03.07.09.撮影
いまも残されている門柱    「廣島陸軍幼年學校」

01.12.07.撮影

01.12.07.撮影

06.02.18.撮影
戦前のこの地の配置図 廣島幼年學校説明碑 説明文
     広島陸軍地方幼年学校
1897(明治30)年9月1日広島陸軍地方幼年学校は、西練兵場にあった臨時帝国議会の議事堂を仮校舎としたのがはじまりで、同(明治30)年11月には広島市基町の広島城南側(現在のひろしま美術館辺り)に本校舎を新築、移転。1928(昭和3)年廃校。
1936(昭和11)年4月旧校舎跡に生徒数150人で再び開校、翌(昭和12)年3月広島城北側の歩兵第71連隊兵舎跡に移転。

平和記念資料館平成23年度企画展「基町」での展示パネルを12.07.21撮影
基町の広島城南側(現在のひろしま美術館辺り)「廣島陸軍地方幼年學校」     所蔵:広島市公文書館

平和記念資料館平成23年度企画展「基町」での展示パネルを12.07.21撮影
広島城北側(歩兵第71連隊兵舎跡の)広島陸軍幼年学校
1945(昭和20)年7月25日、被爆前米軍撮影、所蔵:米国国立公文書館

平和記念資料館平成23年度企画展「基町」での展示パネルを12.07.21撮影
1945(昭和20)年8月11日被爆後米軍撮影、所蔵:米国国立公文書館



被爆した建物・構築物」編


「広島城附近」編



広島ぶらり散歩へ
広島陸軍幼年学校関連頁
廣島陸軍幼年學校跡
廣島陸軍幼年學校説明碑
廣島陸軍幼年學校炊事室
(多家神社の)紀元2600年記念碑


軍都・廣島関連施設戦跡など」編


inserted by FC2 system