広島大本営跡

  中区基町の広島城跡の中に残されている「広島大本営跡」です。 
1894(明治27年)8月に日清両国に戦端が開かれたのち、それまでに山陽鉄道(※現在のJR山陽本線)が開通していたことや宇品港を擁するといった諸条件により、1894(明治27)年9月広島市に大本営が移されることとなり、広島城内にあった第五師団司令部の建物が明治天皇の行在所(あんざいしょ)とされ、大本営が設置されました。
明治天皇の広島滞在は1894(明治27)年9月15日から1895(明治28)年4月27日までの7ヶ月に及びました。
その後、建物は広島大本営跡として保存されていましたが、原爆により倒壊し、今は基礎石のみ残されています。
資料は説明碑などを参考にしました
爆心地から≒900m  (被爆当時の町名も基町)
だいほんえい
大本営
 戦時の天皇直属の最高軍事統帥機関。
1893(明治26)年の戦時大本営条例で法制化され、日清・日露戦争時に設置されました。
1937(昭和12)年には大本営令により事変でも設置可能となり、以後敗戦まで存続。
1944(昭和19)年に最高戦争指導会議と改称。
   関連頁:(大本営前の車回し植込みで被爆した)クロガネモチ           07.07.25追記  04.03.27裕・編集

03.08.22.撮影
広島市中区基町21

03.08.22.撮影

03.08.22.撮影

03.08.22.撮影
明治二十七八年戦役廣島大本営 昭和十年三月建設 (文部省)
※塗り潰されていますが文部省と読めます
説明板

03.08.22.撮影

07.03.12.撮影
東南角からみる

07.03.12.撮影
西側からみる



軍都・廣島関連施設戦跡」編



広島ぶらり散歩へ
被爆した建物・構築物」編



「広島城附近」編


inserted by FC2 system