(瀬野小学校)明治百年記念碑など

  安芸区瀬野の瀬野小学校に建立されている「明治百年記念碑」です。
※他に「奉安庫寄附・碑」、「二宮金次郎石像」もこの頁で取り上げました。
正面: 明治百年記念碑
裏面:     昭和四十三年十月二十三日                   ※昭和43年=1968年
和為貴
    瀬野地区明治生れ生存者建之
和為貴とは、
「以和為貴(用和為貴)」で聖徳太子が作ったとされる「十七条憲法」の第一条にある言葉。
「和(わ;やわらぎ)を以て貴しと為す」と読むのが一般的な言葉だそうですが。
被爆70年の2015年久しぶりに熊野神社に建立の「海田町・戦没者原爆死没者慰霊塔」を訪ねたのです。その帰りJR海田市駅に行く途中の、この胡神社と向かいに鎮座の荒神社を撮影しました。
別々の神社ですので、それぞれの頁を画像の違うものを加え編集しました。
16.02.01.裕・記編集

18.09.28.撮影
広島市安芸区瀬野1-35-32  瀬野小学校   ([二宮金次郎の像」 「明治百年記念碑」 「追慕碑」)

18.09.28.撮影
明治百年記念碑

18.09.28.撮影

18.09.28.撮影

18.09.28.撮影
碑表面 碑裏面

18.09.28.撮影
奉安庫寄附・碑 (上瀬野小学校下瀬野小学校統一記念碑)
  安芸区瀬野の瀬野小学校に建立されている「奉安庫寄附・碑」です。
正面: 此礎石ハ曽テ大西好美氏 ガ下瀬野小學校ヘ
奉安庫ヲ寄附セラレタル 際ノモノニシテ昭和十年
九月十七日上下両校統一 ニ伴ヒ此處ニ移シテ永ク
大西氏ノ芳志ヲ傅ヘ併セ テ両校統一ノ記念ト爲ス
                昭和十一年九月一日  瀬野村
奉安庫(ほうあんこ)とは、
戦前の学校などに設けられた御真影(ごしんえい;天皇・皇后の公式の肖像写真。宮内省から各学校に貸与) や教育勅語の保管施設。
校舎内に設けたものを奉安庫と呼び、
独立した建物になったものを奉安殿と呼んだそうです。
学校への御真影の下賜は明治時代に始まり、1920(大正9)年代ごろから耐火式の施設が盛んに建設されたそうです。多くは敗戦後に撤去されました。
1873(明治6)年上瀬野地区に創立された励志館が、後に、上瀬野尋常高等小学校に
1874(明治7)年下瀬野地区に創立された志道館が、後に、下瀬野尋常高等小学校となりました。
1935(昭和10)年9月17日に両校が合併、瀬野村立瀬野尋常高等小学校となりました。
その後、瀬野国民学校、瀬野村立瀬野小学校、瀬野川町立瀬野小学校、広島市立瀬野小学校と呼称が変遷し現在に至っています。
1889(明治22)年4月1日町村制施行時、(安芸郡)上瀬野村、下瀬野村が発足。
1931(昭和6)年4月1日上瀬野村+下瀬野村=(安芸郡)瀬野村発足。
1956(昭和31)年9月30日畑賀村+中野村+瀬野村=瀬野川町発足。
1973(昭和48)年3月20日瀬野川町は、広島市に編入。

18.09.28.撮影
広島市安芸区瀬野1-35-32  瀬野小学校

18.09.28.撮影
二宮尊徳幼児の像
  安芸区瀬野の瀬野小学校に建立されている「二宮金次郎・像」です。
瀬野小学校に立ち寄ったのは、「桔梗先生追慕碑」を撮影するのが主目的でしたので、この二宮金次郎像が建立されていることを(わたしは)知らなかったのです。
瀬野小学校web siteで知ったのです(昭和11年瀬野尋常高等小学校開校記念に寄贈された)。
撮影画像にこの像写っていないかとみて、その部分を切り出してみました。この像を目的として撮影していなかったので、像が建立されていたという紹介にしかなっていませんが。

18.09.28.撮影
広島市安芸区瀬野1-35-32  瀬野小学校

18.09.28.撮影



「その他」編
  地域関連記念碑など・など



広島ぶらり散歩へ
  瀬野小学校関連
(桔梗先生)追慕碑
明治百年記念碑など
蒸気機関車動輪


「わが町附近」編


inserted by FC2 system