廣島護國神社被爆し現存する鳥居

  中区基町のRCC中国放送南側に戦後移設された「被爆した護国神社鳥居」です。
広島護国神社のこの鳥居は、爆心地に近くほぼ垂直に爆風を受けたので倒壊を免れたそうです。
現在はお堀の東側(RCC中国放送南横)裏御門近くに移設されています。被爆時当時の鳥居の写真が爆心地・原爆被災説明板にあります。
被爆当時南側(爆心地側)の額は残ったが、反対の北側の額は吹き飛ばされ現在もその名残を留めています。
当時爆心地から≒370m
被爆して現在地に移された鳥居、そして寄りそうようにある「廣島護國神社」名盤石、少し近寄ってみるといままでぼんやりみていたわたしがいました。2004年になりこの頁を編集しました。
06.07.16更新   04.11.21・裕記編集

04.10.21.撮影
広島市中区基町21 RCC中国放送南側(に移設された鳥居を西側(お堀側)からみました)

04.05.12.撮影
東側から見る

04.05.12.撮影

04.05.12.撮影
遠くからもわかるものだったのです 裏面を見てみました



被爆した建物・構築物」編


「広島城附近」編



広島ぶらり散歩へ
廣島護國神社(概説)
被爆し現存する鳥居
被爆倒壊した鳥居脚部
  (被爆した)鳥居(拡大)、名版石
吉田正浪作:英霊にささぐ・像
丸山幸一作:双鯉の像・昇鯉の像
寶祚無窮矣・碑
ノモンハン事変15周年記念・植樹碑
(番外)廣島護國神社の絵馬


inserted by FC2 system