(光明院)被爆樹木・ナツミカン
  資料を見てこのお寺に被爆したナツミカンがあったのかと2005年はじめて訪ねたのです。
爆心地より≒1700m    被爆当時町名は東白島町でした
以前牛田に住んでいましたので、この前は自転車で通ったことが何度もあったのですが被爆したナツミカンであることは知りませんでした。
資料を見て被爆したナツミカンを撮影に訪れました、色付いてきているナツミカンが生っているのが遠くから見えてました。2007年秋同じころ訪ねたのですが、まだ色付き始めで、実の数も少ないように思ったのでした。
2012年近くに来た時、いままで見ていた光景とは違っていました。画像でもお分かりになるように、垣根部分の樹木が撤去されて被爆したナツミカン2本が良くわかるようになっていました。
近づきみると、病気にかかった?枝が切断されたり、病気にかかった部分?に治癒が施されているようでしたので撮影していたのです。2013年のいまになりましたが更新しました。
13.01.10更新    08.08.20分離独立    05.11.10裕・記編集

12.0109.撮影
広島市中区白島九軒町23-2  光明院

12.0109.撮影

12.0109.撮影
病気にかかったところが治癒されているようでした (被爆樹木の表示板も道路から見えるように)

07.10.23.撮影

05.11.03.撮影
被爆樹木  ナツミカン
A-bombed treeCitrus Natsudaidai
爆心地から1700m
Approx. 1700m from the hypocenter
このナツミカンは、1945(昭和20)年8月6日の原爆にも耐え、生き残りました。



被爆した樹木一覧」編



広島ぶらり散歩へ
光明院
(光明院)被爆樹木・ナツミカン
(光明寺の)被爆した石燈籠


inserted by FC2 system