専念寺のイチョウ(広島市保存樹4)
  安佐南区の専念寺の大きなイチョウが広島市保存樹4に指定されています。
寺社の境内にはイチョウが似合うものだと思っているわたしは、ここ専念寺にも大きくなりお寺を守る木として植えられたのだろうな~と思ってみたのです。
境内に入ったときこのイチョウが「広島市保存樹」に指定されていることを知りました。
近づき見るとこのイチョウには垂れ乳がありましたので今まで見てきた垂れ乳のイチョウだったのだと撮影しました。
広島市では、身近な緑を保存し、未来へ残すため、「都市の美観風致を維持するための樹木の保存に関する法律」昭和37(1962)年法律第142号に基づき保存樹・保存樹林を指定しているそうです。
広島市都市整備局緑化推進部緑政課緑の施策係の資料によると、広島市保存樹の指定基準都市計画区域内で基準を満たす樹木を指定しているそうです。
   広島市保存樹
1.樹種:イチョウ
2.高さ:20.4m
3.幹の周囲:422cm
4.指定番号:4
5.所有者:専念寺(龍山永明)
6.指定日:
平成14年10月15日
広島市の資料を見ていて、ここ専念寺に忠魂碑が建立されており戦後になって原爆で亡くなった方々も合祀されたことを知りましたので訪ねたのです。
ここで取り上げた広島市保存樹であるイチョウのことはしたなかったので、その標識を見た時久しぶりにみなな~と撮影しようとしました。
近づき上を見るといまの季節葉っぱが茂っているのでわかりにくかったのですが、垂れ乳のイチョウだとわかったのです。市内でも幾本かの垂れ乳のイチョウをみてきましたので、ここ専念寺のイチョウもそうだったのだとうれしくなり撮影しましたのでこの頁を編集しました。
 15.11.16..裕・記編集

15.11.04.撮影
広島市安佐南区伴中央4-7-18  専念寺

15.11.04.撮影

15.11.04.撮影

15.11.04.撮影
(見上げると)垂れ乳のイチョウでした

15.11.04.撮影

15.11.04.撮影

15.11.04.撮影



「植物」編



広島ぶらり散歩へ
龍池山・専念寺
伴村忠魂碑
(広島市保存樹)指定4番イチョウ


inserted by FC2 system