(碇神社)被爆樹木・ソメイヨシノ

  中区白島九軒町の碇神社にある「被爆したソメイヨシノ」です。
*樹名がサクラから“ソメイヨシノ”と変更になっていますのでこの頁の表題も変更しました。
※境内には他に被爆したタブノキがあります。(別頁で編集)
 
(新しい標識) 被爆樹木  ソメイヨシノ
A-bombed Trees Yoshino cherry (Cerasus x yedoensis 'Somei-yoshino')
            爆心地から1,800m
ここで被爆しました。焼け残った根元から新芽が生え、成長したものです。
被爆(した)樹木  サクラ   A-bombed tree  Cherry Blossom
爆心地から≒1,800m
Approx. 1,800m from the hypocenter
このサクラは、1945(昭和20)年8月6日の原爆で地上部を焼失しましたが、その後根元から芽を吹き返しました。
この碇神社を参拝で訪ね社殿に行こうとしたときに市設置の黄色い標識が目に入ったのです。
被爆したサクラがここにもあることを知り撮影しました。撮影したサクラは花の季節が終ってからでしたので既に葉桜になっていました。

サクラが咲いたときに撮影しなくてはと思っていたのでした、2006年4月6日撮影に立ち寄りました。
2018年になりましたが、新しい被爆樹木標識になっているだろうと参拝後撮影しました。
被爆ソメイヨシノとは直接関係はありませんが隣の中消防署白島出張所の建物が新しくなり窮屈そうだったこの木の周りがゆったりしたなと感じました。
 18.12.15.再編集    05.05.18裕・編集

05.05.11.撮影
広島市中区白島九軒町12-20  碇神社

05.05.11.撮影

06.04.06.撮影
2006年広島地方桜の満開宣言が出た4月6日立ち寄ったのです

06.04.06.撮影

06.04.06.撮影
(被爆したサクラ満開でした)

07.03.30.撮影
(2007年も桜咲くときにみました)

18.06.21.撮影
(隣の中消防署白島出張所ビルが新しくなっていました)

18.06.21.撮影

18.06.21.撮影
新しい白色の被爆樹木標識(上記)になっていました

18.06.21.撮影

18.06.21.撮影
 (根回りをみました)



被爆した樹木一覧



広島ぶらり散歩へ
碇神社
(境内の)被爆樹木・サクラ
(境内の)被爆樹木・タブノキ
(境内の)被爆した構築物
(境内の)即位記念碑
(境内の)皇太子殿下御成婚奉祝記念・碑
(境内の)手押しポンプ


「牛田・二葉の里附近」編


inserted by FC2 system