(イタリ)オリーブの都市協会(植樹)碑
  中区中島町の平和記念公園国際会議場西北緑地に建立されている「オリーブの都市協会(植樹)碑」です。
 寄贈 イタリ  オリーブの都市協会
1995(平成7年).11.9
オリーブは、平和の象徴とされ、国際連合旗(1947年制定)のデザインにも使われています。
旧約聖書で、ノアの方舟から放たれたハトがオリーブの枝をくわえて戻り、洪水の水が引いた土地を知らせたことに由来しています。
olive(仏)
オリーブ:
モクセイ科の常緑高木。高さ7〜18m。
葉は細長く、表面が暗緑色、裏面が銀色で、対生する。5〜7月ごろ、黄白色の香りのよい花を総状につける。黄緑色の実は熟すると黒紫色になり、油がとれる。地中海地方の原産で、日本では小豆島などで栽培。季語:花=夏、実=秋
このオリーブの根際に木柱が建っていましたので、みると、イタリア(通称、Italy:イタリ)にオリーブの都市協会というものがあるのでしょう。オリーブは平和の象徴ということで、オリーブの都市協会から1995(平成7)年から贈られたオリーブの木のようでした。
国際会議場の南西緑地帯の一角が五つの記念植樹・碑が建立されておりハナミズキが植樹されている事を知り撮影していました。そこから国際会議場の根際を通り北西緑地帯に行ってみたのです。
そこでみたのが、この「オリーブの都市協会・碑」と「広島市・モントリオール市友好記念植樹・碑」、「IPPNW大会記念・碑」がありそれぞれ、オリーブ、桜、ハナミズキが植樹されていましたので2月撮影したのですが、HP引越などで編集が年越したいまになりましたが、編集しました。
 11.02.13裕・記編集

11.04.07.撮影
広島市中区中島町1 国際会議場西北緑地

11.02.05.撮影

11.04.07.撮影

11.05.13.撮影

11.10.13.撮影



「平和記念公園項目一覧」編


「平和記念公園の草木達」編



広島ぶらり散歩
          国際会議場西北緑地
IPPNW第九回世界大会記念(植樹)碑
広島市・モントリオール市友好記念植樹・碑
オリーブの都市協会(植樹)碑
          国際会議場西南緑地(ハナミズキの森)
広島市・ハノーバー市姉妹都市提携10周年記念
ライオンズクラブ国際会長来広記念
ホノルル・広島商工会議所姉妹提携25周年記念
広島市・ボルゴグラード市姉妹都市提携20周年記念
第4回WCP記念植樹・碑






inserted by FC2 system