(山陽文徳殿階段根際のもう一本の)被爆樹木・ソメイヨシノ-2013年5月枯死-

  南区比治山町の山陽文徳殿(屋外階段上がった右手)にあった「被爆したソメイヨシノ」です。
この頁を編集した2007年みた時だいぶ弱っているようでしたが、2013年5月枯死し撤去されたそうですので、上記文章を過去形にしました。
被爆樹木 ソメイヨシノ
A-bombed tree Japanese Frowering Cherry

爆心地から1800m
Approx. 1800m from the hypocenter

このソメイヨシノは昭和20(1945)年8月6日原爆にも耐え生き残ったものです。
2006年山陽文徳殿前庭の被爆した桜をみました。(この時は階段根際の尾の桜には気が付きませんでした)
2007年も元気かなとみにいったのです。
玄関正面の被爆ソメイヨシノをみて撮影し、帰ろうかとして階段の処でここにも小さな桜があるなと思ったのです。少し近づくと市設置の黄色い標識が目に入ったので、この桜も被爆した桜であることがわかりました。
近くに寄ってみると、幹がムロになって、そこを布で保護(養生)してありました。
ここ山陽文徳殿に2本の被爆した桜があった事がわかりました。
2015年9月比治山付近の原爆関連慰霊碑を訪ねた時、ここ山陽文徳殿も訪ね被爆した桜も見た(撮影はしなかった)のですが、前庭のソメイヨシノがすごく弱っているように見えました。
また、ここで取り上げた階段根際の桜はと見ましたが無くなっていました。
2016年3月23日になりましたが市・平和推進課に尋ねると、階段根際の桜は2013年5月枯死し撤去したということでした。
2016年前庭の桜を見に行きましたので、撤去された(ここで取り上げた桜がない)処を撮影してもと思いましたが、この頁のまとめとしては必要だと思い撮影しました。
2007年編集していた頁でしたが、枯死したことを知りましたので、もう少し撮影しとけばよかったと悔やみながらでしたが、撮影していた画像を増やしてこの頁を再編集しました。
16.03.30.再編集    07.04.11裕・編集

07.04.04.撮影
現住所:広島市南区比治山町7−1 山陽文徳殿(屋外階段根際)

07.04.04.撮影

07.04.04.撮影

07.04.04.撮影

07.04.04.撮影
幹の養生部分をみました 建物を入れて撮影しました
2013年5月枯死撤去されたそうです

16.03.27.撮影
(2007年撮影の画像に少し写っている竹柵で位置を比べていただければ)



「被爆した樹木一覧」編



広島ぶらり散歩へ
山陽文徳殿
 被爆樹木・ソメイヨシノ
   (開花時の)ソメイヨシノ
 (2本目の)被爆ソメイヨシノ-枯死-


「頼山陽関連」編


inserted by FC2 system