広島市公務員原爆慰霊碑

  中区国泰寺町の広島市役所前庭に建立されている「広島市公務員原爆慰霊碑」です。
広島市の旧庁舎は、1945(昭和20)年8月6日米軍投下の原爆による周辺の猛火が南風にあおられ硝子が吹き飛んだ窓から火の粉が飛び込み地下の防衛課などを除き焼き尽くされ廃墟と化し、庁舎内には50〜60人がいたが、約30人の方々がその(昭和20)年のうちに死亡されたそうです。
資料によると慰霊対象477柱だそうです。
爆心地から≒1,020m  (当時の町名も国泰寺町)
昭和20(1945)年8月6日の原子爆弾により尊い生命を失われた本市公務員の霊のためにこの碑を建て永遠の平和を祈る。
昭和40(1965)年12月   広島市長  浜井信三
資料を見るまでもなく広島市庁舎に原爆関連の慰霊碑があろうことは想像に難くないことでしたが、
2002年になって訪ね、居られたガードマンの方に建立場所を教えていただき撮影しこの頁を編集しました。
いままで、何度も市役所に来たこともあるのに横を通り過ぎるだけのわたしでしたので、わからなかったのです。
2002年「広島市役所職員慰霊碑」として編集していたこの頁でしたが、濱井(碑文では浜井)市長の碑文が“本市公務員の霊”とありますので、2004年になりましたが「広島市公務員原爆慰霊碑」と訂正しました。
2015年久しぶりに撮影しましたので、この頁を再編集しました。
 15.03.30再編集   碑銘を(職員から)公務員に訂正04.12.09更新   02.12.29裕・編集

02.12.05.撮影
広島市中区国泰寺町1-6-34

02.12.05.撮影
「慰霊」
(市役所電車道側に建立されている)原爆被災説明板の写真を使用しています

1945(昭和20)年12月末頃 米軍撮影

15.02.26.撮影
慰霊碑の向側(道路を挟んで北側)の建物は中区役所庁舎です

15.02.26.撮影

15.02.26.撮影
慰霊碑の後側(≒北西側)からみました



「原爆関連慰霊碑等巡り」編
「平和祈念碑等建立地一覧」編



広島ぶらり散歩へ
広島市公務員原爆慰霊碑
広島市役所本庁舎・原爆被災説明碑
(広島市役所広告塔基礎)被爆石
広島市役所旧庁舎資料展示室
   (広島市役所旧庁舎)定礎箱
   (野外彫刻)道標・鳩
(広島市役所)被爆樹木・桜
広島市役所・その他記念碑など
広島市役所:「緑のカーテン」
広島市役所:「稲作の展示」


inserted by FC2 system